バイナンスとトルコの銀行「AKBANK」が銀行チャネル統合を発表

バイナンスとトルコの銀行「AKBANK」が銀行チャネル統合を発表

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)とトルコの銀行「AKBANK」が銀行チャネルシステムの統合を行なったことが明らかになった。これによって、バイナンスのトルコ人ユーザーは、BinanceのデスクトップサービスおよびiOSアプリを介してトルコリラ(TRY)を即座に入金および引き出しできるようになる。

現在、バイナンスは世界中の人々へ、仮想通貨へのアクセスできる機会をより多く提供するために、パートナーと引き続き協力し、高速かつ安全な方法で仮想通貨を扱えるようにしているとのこと。

 バイナンス CEOのCZ氏は「世界中で、特に急速にデジタル資産を採用している国で、金銭の自由の増大に取り組み続けるという使命の一環として、参入障壁を下げるために利用可能なオプションを、Binanceが拡大しています。そして、業界が連携し、成長するプロダクトとサービスが拡大していくにつれて、仮想通貨の投資、交換、取引の可用性とプロセスはますますシームレスになっていくでしょう」とコメントしている。

編集部のコメント

バイナンスは2月17日に、仮想通貨取引所開設と運営をサポートする法人向けクラウドサービス「Binance Cloud」提供開始しています。

このように、既存の金融機関がバイナンスと連携しやすいインフラを急速に整えていることが明らかです。バイナンスの戦略と実行は、リードホフマンの言葉を借りると、まさにBLITZ SCALINGと言えるでしょう。

現在も銀行などとの連携を進めているとのことで、世界中の銀行がバイナンスと連携し、バイナンスがグローバルなネオバンクもしくはチャレンジャーバンクになる可能性もあるのではないかと、あたらしい経済編集部は考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

double jump.tokyoがMCH Coin上場に向け新会社設立、DBS銀行が企業向けデジタル監査確認ソリューション提供、dYdXが1,000万ドルの資金調達などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes」運営のdouble jump.tokyoが「MCH Coin」の取引所上場に向け新会社を設立、シンガポールのDBS銀行が企業向けにデジタル監査確認ソリューションを提供、分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(DEX)dYdXがシリーズBラウンドで1,000万ドル(約10億3,000万円)の資金調達、ナスダック上場のオーバーストックがブロックチェーン特化の子会社ファンドを米ペリオン・ベンチャー・パートナーズと統合へ、マイニング大手のビットメイン(Bitmain)の共同創業者であるジハン・ウー(Jihan Wu)氏が会長退任、伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す、日本暗号資産市場株式会社が日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPYCoin)」リリース、ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」とSKE48のNFTトレーディングカードのコラボが決定

伊大手決済プロバイダーSIAがブロックチェーン企業ウィズキー(WizKey)と提携しブロックチェーン上でクレジット市場の実現を目指す

イタリアの大手決済システムプロバイダーSIAがイタリアのブロックチェーンスタートアップ企業ウィズキー(WizKey)と提携し、クレジット商品の取引が可能なプラットフォームの立ち上げを目指すことを1月26日に発表した