R3のCEOが新たに社債テクノロジーベンチャー立ち上げを発表

R3のCEOが新たに社債テクノロジーベンチャー立ち上げを発表

エンタープライズブロックチェーン企業R3のCEOであるDavid Rutter(デービッド・ラッター)氏が、社債テクノロジーベンチャー「LedgerEdge(レジャーエッジ)」を立ち上げたことをLedgerinsightsが報じた。

LedgerEdgeは社債市場におけるセカンダリー取引のためのプラットフォームとエコシステムを構築している。同社によると現在1日あたり590億ドルの社債が取引されているが、電子的に取引されているのは3分の1以下であるとのこと。

LedgerEdgeは社債市場の非効率性にも対応し、市場の流動性を向上させることを目指している。さらにLedgerEdgeはデータの中央集権的な保管場所から離れ、ブロックチェーン技術、人工知能、安全なエンクレイブコンピューティングを使用して、データ漏洩の問題に対処することも計画している。

David Rutter氏は「社債のセカンダリー市場は成長しており、進化の機は熟していますが、既存のプラットフォームは目的に合っていません。データはプラットフォームによって収益化され、断片化された不透明な市場に流出し、執行の質を低下させています。私たちは業界と協力して、流動性とデータの所有権の所在を特定し、促進するという課題を解決するプラットフォームを構築します」とコメントしている。

編集部のコメント

Ledgerinsightsによると、Ratter氏は社債の分野で豊富な経験を持っているとのことです。R3を設立する前は、世界の金融インフラを構築しているICAPに10年間在籍し、ICAP Electronic BrokingのCEOとして債券事業を率いていました。最近では債券に特化した企業LiquidityEdgeを設立し、2019年に1億5000万ドルでMarketAxessに売却しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/Vit_Mar)

関連するキーワード

#DX

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズ、SUPERPLASTICとメタバース体験提供で提携。NFT「Headtripz」リリースで協力

香港に拠点を置くブロックチェーンゲーム開発やNFT分野への投資を行う会社であるアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)と、デジタルデザイナートイブランドのスーパープラスチック(Superplastic)が、メタバースゲームの体験を提供する為に提携したことが1月20日に分かった