イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行(Bank of England:BOE)の総裁であるAndrew Bailey(アンドリュー・ベイリー)氏が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行について検討をしているという発言をしたことが、7月13日にブルームバーグが報じた。このベイリー総裁の発言は13日に行われた学生とのウェビナーイベントにて述べられたものだ。

またベイリー総裁は「私はBOEが何らかのデジタル通貨発行に向かっていると考えています」「デジタル通貨に関する問題は非常に大きな問題となるでしょう」ともコメントをしたとのことだ。

編集部のコメント

イングランド銀行は2020年1月にカナダ銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スウェーデンリクスバンク、スイス国立銀行の5つの中央銀行とグループを作り、潜在的なCBDCのユースケースの調査を開始しています。

3月にイングランド銀行(BOE)は「Central Bank Digital Currency、Opportunities, challenges and design」というCBDCの利用機会とリスクについての調査レポートを発表しています。BOEの当時総裁だった(3月16日より現職ベイリー氏に交代)Mark Carney(マーク・カーニー)氏は今後のCBDCが重要になる可能性と消費者が預金をCBDCに移動すると、CBDCが市中銀行の融資を進める能力に影響を与え、問題が生じる可能性があることをコメントし、「CBDCは金融の安定性と中央銀行の金融政策をコントロールする能力に影響を与える可能性があります」とコメントをしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova・Tuadesk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/3の話題】ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム、ハッシュポートが前澤友作氏らから資金調達など(音声ニュース)

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供、【取材】ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも、アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入、韓国の11の暗号資産取引所が閉鎖の可能性、関係筋証言、米マイアミが「マイアミコイン」のマイニング開始へ、保有者にはBTCとSTXの利回り報酬も、暗号資産取引プラットフォームVoyager、決済企業Coinifyを約93億円で買収、米NCR、ビットコインATM展開のLibertyXを買収、暗号資産企業ブローカーの定義が議論に、米5,500億ドル規模のインフラ法案の税務報告項目にて、FTXがエンタメブランド向けNFTマーケットプレイス開発へ、米ドルフィンと提携で、コインベースプロでAlchemy Pay(ACH)、PlayDapp(PLA)、Rai Reflex Index(RAI)上場、ビットポイント、国内初のCardano(ADA)上場へ、クロアチア初、チリーズのSocios.comでディナモザグレブがファントークン発行へ、Coincheck NFT(β版)、NFTサッカーゲームSorareの取扱い開始へ、ポイ活でビットコイン、モッピーでの獲得ポイントがXRP、LTC、BCHにも交換可能に

Sponsored

クロアチア初、チリーズのSocios. comでディナモザグレブがファントークン発行へ

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)がクロアチア共和国の国内リーグ所属のサッカークラブであるディナモ・ザグレブ(Dinamo Zagreb)と提携し、チリーズ運営のファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」にて同クラブのファントークンを発行することを8月2日発表した。同クラブはクロアチアでファントークンを発行する国内初のスポーツチームとなる。

ルイヴィトンがブロックチェーンゲーム「LOUIS THE GAME」ローンチへ、ビープルがNFTアート提供

LVMHグループのルイ・ヴィトンが、創業者ルイ・ヴェイン氏の生誕200年を記念したプロジェクト「LOUIS 200」の一環として、ブロックチェーンゲームアプリ「LOUIS THE GAME」をローンチすることを8月3日発表した。なおローンチ日である8月4日はヴェイトン氏の誕生日とのこと

アソビシステムらメタバース上にグローバル文化都市「メタトーキョー」設立、Decentralandに土地購入

アソビシステム株式会社、ParadeALL(パレードオール)株式会社、Fracton Ventures(フラクトンベンチャーズ)株式会社の3社が、NFTを活用した次世代メタバース(仮想空間)上に「グローバル文化都市トーキョー」を創り出すWeb3.0プロジェクトの始動を8月3日発表した。