イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行(Bank of England:BOE)の総裁であるAndrew Bailey(アンドリュー・ベイリー)氏が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行について検討をしているという発言をしたことが、7月13日にブルームバーグが報じた。このベイリー総裁の発言は13日に行われた学生とのウェビナーイベントにて述べられたものだ。

またベイリー総裁は「私はBOEが何らかのデジタル通貨発行に向かっていると考えています」「デジタル通貨に関する問題は非常に大きな問題となるでしょう」ともコメントをしたとのことだ。

編集部のコメント

イングランド銀行は2020年1月にカナダ銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スウェーデンリクスバンク、スイス国立銀行の5つの中央銀行とグループを作り、潜在的なCBDCのユースケースの調査を開始しています。

3月にイングランド銀行(BOE)は「Central Bank Digital Currency、Opportunities, challenges and design」というCBDCの利用機会とリスクについての調査レポートを発表しています。BOEの当時総裁だった(3月16日より現職ベイリー氏に交代)Mark Carney(マーク・カーニー)氏は今後のCBDCが重要になる可能性と消費者が預金をCBDCに移動すると、CBDCが市中銀行の融資を進める能力に影響を与え、問題が生じる可能性があることをコメントし、「CBDCは金融の安定性と中央銀行の金融政策をコントロールする能力に影響を与える可能性があります」とコメントをしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/stockdevil・Guzaliia-Filimonova・Tuadesk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す

プライバシーに焦点を当てた次世代分散型ブラウザであるブレイブ(Brave)の開発を行うブレイブ・ソフトウェア(Brave Software)が、オープン検索エンジンであるテイルキャット(Tailcat)を買収し、独自の検索エンジンであるブレイブ・サーチ(Brave Search)の開発を進めていることを3月3日に発表した

リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ

リップル(Ripple)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの「CBDC Private Ledger」パイロット版を3月3日に発表した。 「CBDC Private Ledger」は各国中央銀行に対しデジタル通貨の発行と管理を用途に、オープンソースである「XRP Ledger」のプライベートバージョンとして公開がされた。

「PayPalがCurv買収か?バイナンスとマルチコインキャピタルなど」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説ラジオ

PayPalがデジタル資産カストディ「Curv」を約530億円で買収か、バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーに、AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始、東京やロンドンなど、PayPal やコインベースら参加、米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達、カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出、豊田通商がCordaを活用した船舶業界の受発注業務を一元管理するクラウドサービス「BunkerNote」を6月に提供開始へ、GMOの「GYEN」と「ZUSD」提供開始、米銀行法規制を遵守した日本円ステーブルコインの提供は世界初、チリーズが米国の市場拡大に向け5000万ドルを投資、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表

カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出

イボルブファンズグループ(Evolve Funds Group)が暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(Ethereum)のETF(上場投資信託)発行に関する目論見書をカナダの金融規制当局に提出したことを3月2日発表した。イーサリアムETFの発行申請は先日2月25日にカナダ資産運用企業のCI Global Asset Management(CI GAM)が先行して行っており、今回の目論見書提出はカナダでは2例目となる