Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表

Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表

Binance(バイナンス)がヨーロッパ地域とイギリスでのBinance Cardの正式展開を発表。この発表によって、BinanceユーザーはBTC(ビットコイン)、BNB(バイナンストークン)、SXP(スワイプトークン)、BUSD(バイナンスUSD)を世界200の地域、6,000万以上の加盟店で法定通貨に変換して使用できるようになるとのこと。

2020年8月より、欧州経済地域(EEA)に住んでいるBinanceのユーザーはBinance Cardを取得するための申請を行うことができるようになり、その後イギリスに住んでいるBiinanceユーザーも申請可能になるとのこと。

Binance Cardはユーザーが手動で暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に変換し利用するプリペイドカードとは異なり、従来のデビットカードのように動作するとのこと。

Binance Cardのユーザーは、Binance Spot Walletから直接カードウォレットへのチャージが可能になり、BTC、BNB、SXP、BUSDの資産を引き落とす際の優先順位を選択することができるようなる。

Binance CEOのChangpeng Zhao(シャンペン・シャオ/CZ)氏は 「Binanceは暗号資産を日常的に使用するための具体的な方法を提供することで、より多くの人々に暗号資産を利用できるようにするという使命を推進しています。ユーザーが世界中の加盟店と直接的に暗号資産を変換して使用できるようにすることで、暗号資産の利用体験をよりシームレスに行うことができるでしょう。Binance Cardを他の地域のユーザーにも利用できるようにするとともに、暗号資産と法定通貨のペイメントゲートウェイシステムを提供するSwipeとの提携によりBinance Cardの体験を向上させる新機能を導入していきたいと考えています」とコメントしている。

Binance European Growth DirectoreのJosh Goodbody(ジョシュ・グッドボディ)氏は「Binance Cardがついにユーザーの手に渡り、日々の生活の中で暗号を利用できるようになることを嬉しく思います。このプロダクトは、当社のサービスのエコシステムの中で重要な構成要素と考えています。そしてBinanceは、銀行を持っている人も持っていない人も、誰もが利用できるオープンなデジタル金融エコシステムを作るための旅の真っ最中です」とコメントしている。

編集部のコメント

Binanceは7月7日にSwipeの買収を発表しています。SwipeはデジタルウォレットとVisaデビットカードのプラットフォームであり、ユーザーが簡単に暗号資産を売買したり、使ったりすることができるように設計されています。

そしてプリペードカードとデビットカードの違いについて説明をします。これまで暗号資産に関連するカードは、プリペードカードとして展開されるケースが多かったです。プリペードカードはカードへ事前に入金した額を上限額として、決済できるカードです。一方でデビットカードは預金残高を上限額として即時決済できるカードです。どちらのカードにも共通しているのは、1回払いのみということです。つまりBinance Cardの場合は、ユーザーが保有するBTC、BNB、SXP、BUSDの額を上限として、利用できるということになります。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/inkoly・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

クラーケンが22年に直接上場を検討、ジェシー・パウエルCEOが言及

米サンフランシスコ州に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が2022年に株式上場の検討をしていることが明らかになった。このことは米ニュースメディアCNBCがクラーケンのCEOであるジェシー・パウエル(Jesse Powell)にインタビューを行い4月8日に報じた内容だ

ロシアのデジタルルーブル、Immutable Xメインネットローンチなどのニュース解説ラジオ

米ステートストリート、ホールセール向けデジタル通貨プラットフォームを2021年半ばに正式稼働ロシア中央銀行幹部、デジタルルーブルを2023年にローンチを示唆、NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ、中国企業メイツが3度目のビットコイン購入、暗号資産総保有額は110億円相当、住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ、三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ、暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加、クリプトゲームスがエンジンと提携、Enjin MarketplaceでバーチャルアーティストのNFTを販売へ

暗号資産業界の脱炭素化に向けてグローバル協定発足、リップル、コンセンシス、Web3 Foundationなど参加

リップル、CoinShares、ConsenSys、国連気候変動枠組条約気候チャンピオンなどが協業し、ブロックチェーンと暗号資産におけるサステナビリティの取り組み推進のため「Crypto Climate Accord(暗号資産気候協定)」発足を発表した。特に脱炭素化に向けて取り組みを行う。

住信SBIネット銀行とDLTラボ、日本でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューション提供へ

住信SBIネット銀行株式会社と米DLTグローバル(DLT Global Inc.)の子会社DLT Labs Japan Incorporated(DLT Labs)が共同でブロックチェーン・サプライチェーン・ファイナンスソリューションを日本国内にて提供する契約を締結したことを4月8日発表した。