大同生命とディーカレットがデジタル通貨発行の実証実験、SEC認可のデジタル証券ファンドが販売開始、アントGアリババGがコスコとAnt BC活用の契約などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・フィンテックについての最新ニュースの解説を編集部メンバーが平日毎日ラジオ音声でお届けします。ぜひとも1日のニュースのチェックにご活用ください。(ラジオの再生はページ下部参照)

・大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

・米証券取引委員会(SEC)認可のデジタル証券ファンド「Arca U.S.Treasury Fund」が販売開始

・アント・フィナンシャルサービスグループ(Ant Group)とアリババグループ(Alibaba Group)がコスコ(COSCO)とAnt Blockchain活用の契約締結

・ConsensysやThe BlockやbitFlyer USAなどのブロックチェーンスタートアップが米国の「PPP」救済融資を受給

・韓国の大手通信キャリアSK TelecomとLG U+がブロックチェーン利用のスマートフォン補償サービスを相次ぎ発表

・ブラジル規制当局がBinance(バイナンス)の国内デリバティブ取引提供に対し停止命令

ラジオ再生は以下から(再生ボタンを押して10秒程度お待ちください)

Apple Podcastで聴く

Apple の Podcastでも配信しております。以下から購読いただくことで、お気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Apple Podcastを聴く

https://itunes.apple.com/jp/podcast/id1418374342?mt=2

Spotifyで聴く

→Spotifyで聴く

Android スマートフォンで聴く

Android スマートフォンでもGoogle PlayよりPodcastアプリをインストールいただくことでお気軽にラジオをお楽しみいただけますのでぜひご利用ください。

→Android スマートフォンで Podcastを聴く

オープニング曲:小林未季
(images:iStock/artsstock)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored