ブラジル規制当局がBinance(バイナンス)の国内デリバティブ取引提供に対し停止命令

ブラジル規制当局がBinance(バイナンス)の国内デリバティブ取引提供に対し停止命令

ブラジルの規制当局であるブラジル証券取引委員会(CVM)がBinance(バイナンス)のブラジル国内居住者に向けたデリバティブ取引の提供に対し、停止命令を下したことを7月6日発表した。なお停止命令を受けたのはバイナンスの先物取引を扱うプラットフォームであるBinance Futuresである。

CVMはデリバティブ取引における契約は原資産に関係なく有価証券に該当するとし、またBinance FuturesはCVMより有価証券を取り扱う認可を受けていないとしている。またCVMは発表にて「Binance Futuresがウェブページ www.binance.comを通じて、ブラジルに居住する顧客に対しデリバティブ仲介サービスの提供をしていることは明らかである」と述べている。

さらにCVMはバイナンスがウェブページ、アプリ、SNSにおいて、ブラジル国内でのデリバティブ取引の停止と広告宣伝を直ちに中止するよう命令し、この決定にバイナンスが従わず取引を継続した場合は、1取引あたり1,000ブラジル・レアル(約2万円)の罰金を科すとのことだ。

なおCVMが停止命令を下したのはデリバティブ取引のみで、その他現物取引などのサービスについては対象としていない。またCVMが暗号資産(仮想通貨)のデリバティブ取引に関して停止命令の措置を行ったのは今回が初となる。

(images:iStock/Lidiia-Moor・Vladyslav-Severyn・extracoin)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【8/2の話題】スクエアが豪アフターペイ買収、ペイパルがアイルランドで暗号資産チーム設立かなど(音声ニュース)

米スクエアが豪上場企業のアフターペイを買収、ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か、FRB総裁、CBDC開発の緊急性について言及、バイナンスにダッパーラボのフロウ(FLOW)上場、バイナンス、ドイツ、イタリア、オランダで先物とデリバティブ取引停止へ、STU48のNFT販売、国内初クレジットカード決済のNFTオークション実施、MLBとFTX、ホームラン予想正解者へ10万ドル相当のBTCプレゼント

Sponsored

STU48のNFT販売、国内初クレジットカード決済のNFTオークション実施

ブロックチェーンゲーム・NFTサービス開発のCryptoGames(クリプトゲームス)株式会社が、同社運営の「NFT Studio」にてAKB48姉妹グループであるSTU48初となるNFTコンテンツを販売開始することを8月2日発表した。 なおこのNFT販売は株式会社STUと株式会社博報堂DYメディアパートナーズと共同で行われるとのこと