アント・フィナンシャルサービスグループ(Ant Group)とアリババグループ(Alibaba Group)がコスコ(COSCO)とAnt Blockchain活用の契約締結

アント・フィナンシャルサービスグループ(Ant Group)とアリババグループ(Alibaba Group)がコスコ(COSCO)とAnt Blockchain活用の契約締結

Ant Group(G大文字か小文字か統一必要)とAlibaba GroupがCOSCO Shipping社と契約を結び、世界の海運業界へAnt Blockchain技術の活用を検討し始めたことをLedger insightsが報じた。

COSCO Shipping社は世界第3位のコンテナ船会社で、グローバル・シッピング・ビジネス・ネットワーク(GSBN)にも加盟している。

Ant GroupがCOSCO Shippingと契約締結したのは、海運業界の出荷プロセス、多くの企業間の処理プロセスの複雑さに対処するためだとのこと。特にAnt Groupは中国における企業ブロックチェーンのトップユースケースであるサプライチェーンファイナンスの領域で課題解決を狙っているようだ。

Ant GroupのExecutive Chairmanである Eric Jing(エリック・ジン)氏は「Ant Groupのブロックチェーン技術を通じて、世界の海運業界のデジタルトランスフォーメーションを支援し、COSCO SHIPPINGと協力してグローバルな取引をより簡単かつ効率的に行えるようにすることを楽しみにしています」とコメントしている。

編集部のコメント

COSCOは中国の山東港グループに属する青島港でもブロックチェーンの実験をしています。6月下旬には500個近くのコンテナを処理し、コンテナごとに(何の時間を節約したのか)24時間を節約したと発表しています。中国最大手の海運企業COSCOとブロックチェーン領域にも積極的なAlibaba Groupがタッグを組むことで、どれだけ大きなインパクトをもたらしていくのか楽しみです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock/inkoly・Igor-Korchak)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した