米証券取引委員会(SEC)認可のデジタル証券ファンド「Arca U.S.Treasury Fund」が販売開始

米証券取引委員会(SEC)認可のデジタル証券ファンド「Arca U.S.Treasury Fund」が販売開始

米デジタル資産投資会社Arca(アーカ)が、米証券取引委員会(SEC)に承認されたファンドである「Arca U.S.Treasury Fund」の販売開始を7月6日に発表した。

なお「Arca U.S.Treasury Fund」は、1940年投資会社法(the Investment Company Act of 1940)に基づいたデジタル証券としてトークンを発行するファンドとして、SECから承認を受けた初めての例となる。

「Arca U.S.Treasury Fund」では株式をイーサリアムベースのトークン「ArCoin」の形で提供をするとのこと。つまりこのファンドへの投資家は受益者としての権利を示す証券の代わりにデジタル証券として「ArCoin」を受け取ることになる。

「ArCoin」1枚がファンド1株に対応しており、「ArCoin」の保有者は四半期ごとにリターンを受け取ることができる。またこの「ArCoin」はブロックチェーンで管理されているため、株主は「ArCoin」を直接譲渡することが可能となっているとのことだ。

なお「Arca U.S.Treasury Fund」は、ポートフォリオの80%をリスクの低い米国の財務省証券に充てているとのこと。またSECが承認するファンドの基準を満たすためにイーサリアムトークンERC-1404規格を採用することで、保有者から規制範囲外へArCoinが流出することを防ぐ機能を備えている他、日次の純資産価値報告、破産保護、定期的な財務諸表の報告、第三者機関による監視などを提供するとのこと。

また発表によると、Arca社はSECの規制基準を満たしつつブロックチェーンの効率性を活用できるような金融商品を提供することで、デジタル・エコシステムを次の段階へ進めることを目指すとのこと。

「Arca U.S.Treasury Fund」への投資は7月6日より開始されており、1,000ドル(約10万7,000円)から購入可能となっている。なお購入の際には本人確認(KYC)およびアンチマネーロンダリング(AML)に必要な書類を提出する必要があるとのことだ。

編集部のコメント

Arcaは従来の金融と最先端のブロックチェーン技術の融合を目指すデジタル資産投資会社です。Arcaは投資部門であるArca Fundsと開発部門であるArca Labsの2つのコア事業から成り立っており、今回販売開始をした「Arca U.S.Treasury Fund」はArcaの最初の製品となっています。

Arcaは2019年の4月にSECに対してデジタル証券を発行するファンドの申請を出しており、そこから1年以上経ってようやく認可が下り、「Arca U.S.Treasury Fund」を販売することになりました。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor・kentoh)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ

マスターカード(Mastercard)が、バックト(Bakkt)と提携し、銀行や加盟企業向けに、暗号資産関連サービスを導入できるソリューション(CaaS:Crypto-as-a-Service)を提供していくことが10月25日に発表された。バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社であるデジタル資産サービス企業で、今月18日にティッカーシンボル「BKKT」でニューヨーク証券取引所に上場したばかりだ。