川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験

川崎重工とSettleMintがブロックチェーン活用の実証実験

川崎重工とセトルミント(SettleMint)がブロックチェーンを活用した実証実験を完了したことが4月12日発表された。

なお同実証実験には、セトルミント提供のブロックチェーン開発プラットフォーム「Blockchain Transformation Platform」が使われた。

発表によると川崎重工は2030年頃を目標に、非改ざん性を証明できるデータでの品質保証・品質保証体制の整備に向けた技術研究を進めているとのこと。同社は同体制整備にあたって採用する技術のひとつとして、ブロックチェーンを有力視しているとのこと。

今回の実証実験で両社は、ブロックチェーンのものづくりへの適用を想定して、段階的にブロックチェーン適用したエンドツーエンドの実装サービスを検証したという。

具体的には、製品の製造過程で発生するデータのハッシュ値およびそのデータへの参照子をブロックチェーンに記録するための仕組みと、改ざんされたデータのハッシュ値をブロックチェーン上に記録されているハッシュ値と、適合判定するアプリケーションも構築したとのこと。

これにより部品製造の品質管理において、高速かつ効果的な実稼働が確認できたとのことだ。

引き続き両社はパートナーシップを強化し、今後の取り組みを推進する予定とした。

セトルミントは今年2月、「Blockchain Transformation Platform」の「Polygon zkEVM」サポートを開始している。なお「Polygon zkEVM」は、ポリゴンラボ(Polygon Labs)提供のイーサリアム(Ethereum)レイヤー2ソリューションだ。

なおセトルミントとポリゴンラボは、ソニー銀行が4月8日に検討開始を発表した「ステーブルコイン発行を目指した実証実験」について、共同で実施することが決定している。

ソニー銀行がステーブルコインの発行に向けた法的整理や要件定義を実施し、ブロックチェーンにはポリゴンラボ開発の「Polygon PoS」を採用。またブロックチェーン関連の多様な開発実績を持つセトルミントが実証実験の基盤の開発・構築を担うとのことだ。

なおベルギー拠点のセトルミントは昨年8月、日本にSettleMint Japan合同会社(セトルミントジャパン)を設立し、日本市場に向けた本格展開を開始している。

関連ニュース

参考:セトルミント
images:iStock/Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資