Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入

エルサルバドル初のデジタル資産トークン化

デジタル証券取引所ビットフィネックスセキュリティーズ(Bitfinex Securities)が、エルサルバドル共和国の空港内の複合ホテル「ハンプトン・バイ・ヒルトン(Hampton by Hilton)」の建設資金を調達するため、トークン化債券を開始すると4月11日発表した。

なおビットフィネックスセキュリティーズは、暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフィネックス(Bitfinex)の傘下の企業だ。ビットフィネックスは昨年4月、エルサルバドル共和国で初となるデジタル資産ライセンスを取得している。

ハンプトン・バイ・ヒルトンの建設計画では、5階建ての4,484平方メートルの施設開発を行うとのこと。80の客室、5つの商業スペース、プール、レストラン、ジム、庭園、多目的ルームなどのホテル設備が建設される予定だ。

トークン化債券はインベルジェス ラガーディア(Inversiones Laguardia S.A. de C.V.)が発行するとのこと。今回のトークン発行では625万ドルの調達を目指しており、5年間で10%のクーポンを提供している。なお最低投資額は1,000ドルで、ホテル運営会社独自のインセンティブとして、投資額に応じてホテル無料宿泊券を提供するとのことだ。

なおトークンのティッカーはHILSVで、米ドル及びテザー社発行のUSDTで取引される。HILSVはビットコインのサイドチェーンであるリキッドネットワーク(Liquid Network)上で発行されるとのことだ。

なおビットフィネックスのCTOであるパオロ・アルドイーノ(Paolo Ardoino)氏によれば、「HILSVトークンは、エルサルバドル初のデジタル資産をトークン化したもの」だという。

エルサルバドルでは昨年12月、ビットコイン担保債券「火山債(ヴォルケーノ・ボンズ:Volcano Bonds)」が同国のデジタル資産委員会(CNAD)によって承認された。

火山債はエルサルバドルの170の火山にちなんだもので、地熱を利用してビットコインのマイニングプロジェクトを支援するものであることが、ブケレ大統領によって明かされている。

火山債は10億ドル相当のビットコイン担保に発行され、資金調達を行う。10年間の期限付きで年間6.5%の利回りを投資家へ提供する。 ・火山債は、ビットフィネックスセキュリティーズで発行される予定で、2024年の第1四半期に発行予定である。

関連ニュース

参考:Bitfinex
images:iStock/eugenesergeev・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資