ピカソネットワーク、コスモスとイーサリアム間での資産移動を可能に

Picasso NetworkがIBCとEthereumを接続

L1ブロックチェーンのピカソネットワーク(Picasso Network)が、ブロックチェーン間通信プロトコル「IBC(Inter-Blockchain Communication)」とイーサリアム(Ethereum)ネットワークの接続が完了したことを4月5日発表した。

これにより「IBC」を通じて、イーサリアムとコスモス上の資産を両ネットワーク間で転送可能になったとのこと。今後はソラナ(Solana)などのブロックチェーンにも「IBC」経由での資産移動が可能になる予定だという。

なおピカソネットワークによる「IBC」とイーサリアムの接続は第1段階の取り組みとなっており、第2段階では両エコシステム間における接続性と効率性のさらなる強化に向けて取り組む予定とのこと。

「IBC」とは、コスモス(Cosmos)ネットワーク内のプロジェクトや、コスモス中心の相互運用エコシステム「インターチェーン(Interchain)」によって策定されたブロックチェーン同士を相互運用するための標準仕様。これを採用することでブロックチェーンを跨いだトークン転送などのデータ通信が可能になる。

またコスモス上の分散型取引所(DEX)オズモシス(Osmosis)によると、同取引所がコスモスとイーサリアム間における分散型金融(DeFi)ハブになる予定とのこと。

ピカソネットワークとは

ピカソネットワークは、安全なクロスチェーンでの資産移動を目指す分散型金融(DeFi)プロジェクト「コンポーザブルファイナンス(Composable Finance)」のためのL1ブロックチェーン。同ブロックチェーンは、ポルカドットのカナリアネットワークとして知られるクサマのパラチェーンである。

昨年6月には、「IBC」を介してエコシステム「ドットサマ(DotSama)」を「インターチェーン」に接続している。なお「ドットサマ」とは、ポルカドットとクサマのエコシステムの総称である。

関連ニュース

参考:ピカソネットワーク
images:iStocks/SiberianArt

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ