バイナンス、トロン上の「USDC」入出金サポート終了へ

バイナンスがトロン上の「USDC」入出金サポート終了へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、トロン(Tron)ブロックチェーン上に発行されるTRC-20規格の米ドルステーブルコインUSD Coin(USDC)について、入出金サポートを停止すると3月25日発表した。

対応日時は4月5日2:00(UTC)とのこと。なおトロン以外のネットワークで発行されているUSDCについては入出金に影響はないとのことだ。

発表によると今回の対応は、USDC発行元の米サークル(Circle Internet Financial)によるトロン上のUSDCサポート終了を受けたものであるという。

トロン上のUSDCサポート終了は、サークルが先月2月20日に発表していた。

なおサークルがトロンUSDCをサポート終了した理由は、USDCがサポートされているすべてのブロックチェーンの適合性を継続的に評価する中で、トロンが対象外になったと説明されていた。

トロンサポート終了により「USDC」をネイティブサポートするブロックチェーンは14になっている。

現在「USDC」は、イーサリアム(Ethereum)、ソラナ(Solana)、アルゴランド(Algorand)、アバランチ(Avalanche)、ヘデラ(Hedera)、ステラ(Stellar)、ノーブル(Noble:コスモスエコシステム)、フロウ(Flow)、アービトラムワン(Arbitrum One)、ベース(Base)、OPメインネット(OP Mainnet)、ニア(NEAR)、ポルカドット(Polkadot)エコシステム、ポリゴンPoS(Polygon PoS)でネイティブ発行されている。

なお今年1月にサークルは、新たにセロ(Celo)のネットワーク上で「USDC」をサポートする予定だと発表している。

関連ニュース

参考:バイナンス

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない