サークル「USDC」、トロンのネイティブサポート終了へ

トロンのネイティブUSDCが発行終了

「USD Coin(USDC)」等のステーブルコインを発行する米サークル(Circle Internet Financial)が、トロンブロックチェーン上での「USDC」のサポートを終了することを2月20日発表した。

発表によるとトロン上での「USDC」のミント(鋳造/発行)は既に終了しており、サポートは段階的に中止していくとのこと。

サポート終了の理由についてサークルは「リスク管理フレームワークの一環として、サークルは『USDC』がサポートされているすべてのブロックチェーンの適合性を継続的に評価しています。 トロンでの『USDC』のサポートを中止するという当社の決定は、当社全体のビジネス組織、コンプライアンス、およびその他の機能を含む全社的なアプローチの結果です」と説明。

またサークルは「この措置は、『USDC』がインターネット上で主要な規制対象のデジタルドルである特徴たる、『USDC』の信頼性、透明性、安全性を確保するための当社の取り組みと一致しています」と述べている。

サークルの企業および機関投資家の顧客については、2025年2月までトロン上の「USDC」を他のブロックチェーンへ移行するサポートを行うとのこと。またサークルを通じて法定通貨への引き換えも受け付けるとのこと。

また個人投資家やサークルの顧客でない企業・機関については、トロン上の「USDC」を小売の取引所または販売店、オン/オフランププロバイダーへ送金し、「USDC」をサポートしている他のブロックチェーンへの移行や法定通貨へ引き換えることが勧められている。

今回のトロンサポート終了により「USDC」をネイティブサポートするブロックチェーンは14になった。

現在「USDC」は、イーサリアム(Ethereum)、ソラナ(Solana)、アルゴランド(Algorand)、アバランチ(Avalanche)、ヘデラ(Hedera)、ステラ(Stellar)、ノーブル(Noble:コスモスエコシステム)、フロウ(Flow)、アービトラムワン(Arbitrum One)、ベース(Base)、OPメインネット(OP Mainnet)、ニア(NEAR)、ポルカドット(Polkadot)エコシステム、ポリゴンPoS(Polygon PoS)でネイティブ発行されている。

なお今年1月にサークルは、新たにセロ(Celo)のネットワーク上で「USDC」をサポートする予定だと発表している。

関連ニュース

参考:サークル
images:iStocks/NaN

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ