バイナンスが30億USDTをトロンからイーサリアムへスワップ、テザーがサポートを発表

バイナンス、30億USDTのスワップ実行

テザー(Tether)社が、バイナンス(Binance)によるトロン(Tron)ネットワーク上からイーサリアム(Ethereum)ネットワークへの、30億USDTのスワップをサポートしたと12月13日に発表した。

このスワップは、同一の資産をブロックチェーン間で移動させるだけであるため、これによってUSDTの総供給量は変化しないとテザー社はコメントしている。

なおUSDTはオムニ(Omni)、イーサリアム、トロン、EOSIO、リキッド(Liquid)の5つのブロックチェーンで発行されており、テザー社や取引所はこれらのチェーンを介したスワップをサポートしている。

バイナンスによる今回のスワップの真意は明かされていないが、暗号資産メディア「The Block」は、テザーのCTOパオロ・アルディノ(Paolo Ardino)氏が今回のスワップについてコールドウォレットのバランス調整ではないかと推測したコメントを報じている。このスワップはユーザーが大量の暗号資産を引き出した際に実行されたようで、「The Block」は昨日からバイナンスで20億ドル以上の暗号資産が顧客により出金されていると推定している。

最近、バイナンスの財務状況にまつわる不穏な報道が相次いでいる。ロイターは12日にバイナンスのマネーロンダリング関与について検察が告発に動いていることを報じている。またウォールストリートジャーナルは10日にバイナンスの顧客資産担保のための準備金が十分でないことを報じている。

なおバイナンスは12日にロイターの報道に対して反論の意を表明している。

関連ニュース

バイナンス、マネロン関与についての報道に反論

監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明

分散型インフラNillion、150社以上から約28億円調達

クリプトドットコムが「Proof of Reserves」公開、透明性を強調

テザー、オフショア人民元(CNH₮)発行、トロン(TRX)チェーンで

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催