バイナンス、BOMEのインサイダー取引疑惑を内部調査

バイナンスがインサイダー取引を調査

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産ブックオブミーム:BOOK OF MEME(BOME)のインサイダー取引疑惑について内部調査したことを3月18日発表した。

バイナンスは内部調査をした結果、BOMEのインサイダー取引をしたユーザーはバイナンスのスタッフではないと発表にて報告している。

Xでは今回のBOMEに関するインサイダー取引疑惑について、バイナンスでBOMEの現物取引が開始された3月16日12:30(UTC)の直前にBOMEを購入し、多額の利益を得たユーザーがいたことを報告している投稿者がいる。

この投稿では、分散型取引所(DEX)レイディウム(Raydium)を利用したユーザーが、3月15日14時29分から14時53分(UTC)の内に4回に分けて、3億1,400万相当のBOMEを平均価格0.0074ドルで購入し、現在約500万ドル(約7.5億円)の利益を上げていることが報告されている。

バイナンスとしては今回のインサイダー取引疑惑に関する調査を引き続き行うとし、また、この件に関する情報やその他の不正行為を報告したユーザーに対しては、10万ドル(約1,500万円)から500万ドル(約7.1億円)の報奨金を提供するとしている。

因みにBOMEは、ソラナ(Solana)ネットワーク上のミームコインで、ペペ(Pepe)の生みのあるアーティスト「Darkfarms」によって作られた。

関連ニュース

images:iStoks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資