LINEらのフィンシア財団、アブダビグローバルマーケット(ADGM)にDLT財団として登録

フィンシア財団がADGMにDLT財団として登録

「フィンシア:FINSCHIA(FNSA)」の運営を行うFinschia Foundation(フィンシア財団)が、ADGM(アブダビ・グローバル・マーケット)に分散型台帳技術(DLT)財団として登録されたことを3月22日発表した。

ADGMは、2015年10月21日に開業したアラブ首長国連邦の首都アブダビの国際金融センター(IFC)だ。なお2018年に世界初の暗号資産規制フレームワークを導入している。

フィンシア財団によると、今回アジアのブロックチェーンプロジェクトがADGMに登録されたのは初の事例とのこと。

フィンシア財団は今回の登録により、アブダビの企業と協力のうえ、パブリックブロックチェーンである「フィンシア」に基づいたグローバルユーザー向けのweb3サービスを開発する予定とのことだ。

なお「フィンシア」は、LINE独自開発のプライベートチェーンとなる「LINE Blockchain」がリブランディングを行い、名称変更したブロックチェーンだ。現在運営元は、LINEのグループ会社LINE TECH PLUS(ラインテックプラス:LTP)からフィンシア財団へ移行している。

ただし「フィンシア」は、韓国カカオの子会社グラウンドX(Ground X)開発のブロックチェーン「クレイトン(Klaytn)」と統合することが今年の2月に決定している。

この統合は今年の第2四半期までに実行し、それに伴い両財団も統合されるとのこと。また2つのブロックチェーンのネイティブトークンであるKLAYとFNSAは、新たなネイティブトークンに置き換えられる予定でもある。

関連ニュース

参考:フィンシア財団
images:iStocks/Greens87

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した