アバランチ(AVAX)が東南アジアでクーポンプログラムのPoC開始、アリババ「Alipay+ D-store」と共同で

アバランチがクーポンプログラムの概念実証開始

L1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)が、中国アリババグループ(Alibaba Group)提供のオールインワン注文・決済ソリューション「アリペイ+Dストア(Alipay+ D-store)」と共同で、web3対応クーポンプログラムの概念実証(PoC)を開始したことを3月19日発表した。

この概念実証(PoC)は東南アジアで実施されており、同地域の主要な電子ウォレットパートナーは「アリペイ+Dストア」を統合することで、アバランチのweb3機能が利用可能になるとのこと。なお概念実証では、アバランチ開発会社アバラボ(Ava Labs)提供の「アバランチサブネット(Avalanche Subnet)」が利用されているという。

ユーザーは、東南アジアの主要な電子ウォレットパートナーが提供するミニゲームを通じてクーポンを入手できるとのこと。入手したクーポンは同地域内の500店舗以上にて、人気ミルクティーブランド10社のミルクティーを最大50%割引するのに使用できるという。今後はこのクーポンを利用できる店舗数を2,000店舗以上に増やす予定だという。

なお今回のweb3対応クーポンプログラムは、2部構成の概念実証(PoC)の第1部とのこと。

第2部では食品および飲料の販売業者に重点を置き、フィリピンやシンガポール、マレーシア、タイ、またこれら各国を訪れる1億人以上の中国人観光客に概念実証を拡大するとのことだ。

またweb3対応クーポンプログラムとしては、デジタルコレクションやその他のブロックチェーンを活用したブランドとのコラボレーションも可能となっている。

アバラボ提供の「アバランチサブネット」は、アバランチチェーンを利用した独自ブロックチェーンを構築できる機能。「アバランチサブネット」により構築したブロックチェーンは、プライベートチェーンならではの処理速度や安定性を実現し、一方でEVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換性を保つことでソフトウェア資産が利活用でき、パブリックチェーンとの相互運用性も視野にいれられるとのこと。

関連ニュース

参考:アバランチ
images:iStocks/monkeybusinessimages

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論