アバランチ財団、次世代のデジタルアーティスト育成イニシアチブ「Avaissance」立ち上げ

Avaranche財団がデジタルアーティスト育成イニシアチブ設立

レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avaranche)」の運営・開発を支援するアバランチ財団(Avalanche Foundation)が、アバランチNFTのエコシステム成長および次世代のデジタルアーティスト育成の為のイニシアチブ「アヴァイサンス(Avaissance)」立ち上げを3月30日発表した。

「アヴァイサンス」に参加するアーティストには、資金、プロのメンター、そしてアバランチのエコシステムによる献身的なサポートが与えられるとのこと。

なお「アヴァイサンス」には、「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(AIR)」と「モナリザ・イニシアチブ(MLI)」の2つのプロジェクトが用意されているという。

「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(AIR)」は、50名のデジタルアーティストがプロのメンターからサポートを受けられるプログラム。また「モナリザ・イニシアチブ(MLI)」は、アバランチ財団がキュレーターと協力して次世代のデジタルアートを生み出すデジタルアート・キュレーション・コラボレーションとのこと。

「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム(AIR)」

デジタルアーティストは「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム」に参加する50名のデジタルアーティストは、同プログラムにおいて自身のプロジェクトを6ヶ月間進めることができ、その期間はアバランチに選ばれたプロのメンターの下で資金提供や指導、バーチャルワークショップ、教育セッションといったサポートを受けられるという。

そしてプログラムに参加した50名のデジタルアーティストは、作品集を1つアバランチで発表できる予定とのこと。

なおバーチャルワークショップでは、マーケティング戦略やデジタルツールの使用方法などのテーマが設けられており、またメンターには、エミー賞を受賞したモーショングラフィックアーティストのエモニー・ラルッサ(Emonee LaRussa)氏、クリエイティブコミュニティ「ALLSHIPS」の創設者で写真家・クリプトアーティスト・ライターのデイブ・クルーグマン(Dave Krugman)氏、NFTプロジェクト「ヴァルハラ(vallhalla)」のチーフであるライアン・ウェン(Ryan Wen)氏らが就任するとのことだ。

「アーティスト・イン・レジデンス・プログラム」には今月28日まで応募可能だ。

「モナリザ・イニシアチブ(MLI)」

「モナリザ・イニシアチブ」では、アバランチ財団があらゆるバックグラウンドを持つアートDAO(分散型自律組織)のキュレーターチームと協力して、アバランチNFTを購入し、アバランチ上における次世代のデジタルアート定着に貢献していくとのこと。

なお「モナリザ・イニシアチブ」に参加するアートDAOのキュレーターチームは近日中に発表されるという。そして将来有望なアバランチNFTアーティストの作品が優先的に収集及び紹介されるとこと。

アバランチ財団が購入したNFTはアートDAOに贈呈され、DAOのNFTコレクション拡大を支援するという。またアバランチ財団が購入した一部のNFTは、現在設立予定の「アバランチ・パーマネント・コレクション」にて、アバランチNFTのコレクションギャラリー及び記録として活用される予定とのことだ。

関連ニュース

参考:アバランチ財団
images:iStocks/Vjom

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も