エルサルバドル、保有ビットコイン(BTC)の大半をコールドウォレットに移し保管へ

エルサルバドルが保有ビットコイン(BTC)の大半をコールドウォレットへ

中米エルサルバドル共和国のナジブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領が、同国保有のビットコインについて、「大部分」をインターネットから隔離した「コールドウォレット」に移した上で、国内の物理的な施設に保管する方針を3月14日に示した。

同大統領がX(旧ツイッター)への投稿で明らかにした。

エルサルバドルが保有するビットコインの正確な規模は不明だが、ブケレ氏のソーシャルメディアアカウントによると、4億700万ドル(約607億円)近くに達する5,689.685092BTCを保有している。

ビットコインは14日に、7万3800ドルの史上最高値を記録した。

同国は2021年9月に世界で初めてビットコインを法定通貨として制定した。

なおブケレ氏は2月4日に行われた投票で同国大統領に再選。2029年まで2期目の大統領を務めることになった。

ちなみにブケレ大統領は、2022年春に非常事態を宣言し、かつて国土の大部分を支配していたギャングを撲滅させた実績などから国内で絶大な人気を誇っている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
エルサルバドル、ビットコインの大半をネットから隔離して保管へ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している