エルサルバドル、国外からの資金に対して所得税を撤廃

エルサルバドルが国外からの資金に対して所得税を撤廃

エルサルバドル議会が、国外からより多くの投資を誘致するため、これまで海外からの資金に課せられていた所得税を撤廃する改革を3月12日承認した。

議員らによると、送金や企業への投資などの形で海外からの流入する資金は、今後非課税となる。

改革以前は、15万ドル以上の所得がある場合、入国時に30%の税率を支払う必要があった。

「この改革は、国内外からの投資を刺激し、経済を活性化させ、より良い、より多くの雇用機会を生み出すことを目的としている」とスエシー・カジェハス(Suecy Callejas)議員は議会で述べた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
El Salvador removes income taxes for money from abroad
(Reporting by Nelson Renteria; Writing by Valentine Hilaire; Editing by Sarah Morland)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:iStocks/DancingMan

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論