アプトス財団、web3スマホ「JamboPhone」販売のジャンボと提携

JamboPhoneにペトラ搭載

アプトス財団(Aptos Foundation)が、web3スマートフォン「ジャンボフォン(JamboPhone)」を開発するアフリカ拠点のweb3企業ジャンボテクノロジー(JamboTechnology)との提携を2月15日発表した。

「ジャンボフォン」はアフリカ、東南アジア、ラテンアメリカのユーザー向けに40カ国以上で販売されており、日本居住者も「ジャンボフォン」の購入は可能だ。価格は99ドル(約15,000円)となっている。

今回の両社提携により同スマホには、レイヤー1ブロックチェーン 「アプトス」開発のアプトスラボ(Aptos Labs)が提供する暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ペトラ(Petra)」やdApp(分散型アプリ)が標準アプリとしてプリインストールされることになったようだ。

他にも「ジャンボフォン」では同スマホのスポンサード・クエストを通して報酬を獲得できるプラットフォーム「ジャンボアーン(JamboEarn)」が同スマホには備わっているとのこと。

また両者は今回の提携を通して「アプトス」のブロックチェーンを活用し、web3の利便性と教育の強化の恩恵を、地理や経済的地位に関係なく誰もが受けれるように取り組むとのことだ。

なお同スマホは、6.5インチのIPS(In Plane Switching LCD)型ディスプレイや4900mAhのバッテリー、デュアルレンズカメラが搭載されたアンドロイド13(Android 13)スマホとなっている。

アプトスとは

アプトスは、「Move(ムーヴ)」言語を採用したレイヤー1ブロックチェーン。「ムーヴ」は、メタ(旧:Facebook)が2019年に「リブラ(Libra)」として発足したステーブルコインプロジェクト「ディエム(Diem)」のチームが開発したスマートコントラクト言語だ。

なおアプトスの開発は、ディエムの開発チームに所属していたモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が共同創業したアプトスラボ(Aptoslabs)が主導している。

またアプトスの独自トークンAPTは、国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコインジャパン(OKCoinJapan)にて、今月下旬より取り扱われる予定だ。予定通り同取引所にAPTが上場すれば、国内初の取り扱い事例となる。

関連ニュース

参考:アプトス
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道