アプトスラボが認証システム「パスキー」導入、トランザクション署名時のパスワード不要に=報道

アプトスラボが認証システム「パスキー」導入

レイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」開発のアプトスラボ(Aptos Labs)が、トランザクション署名時のパスワードを設定する必要がない認証システム「パスキー」を導入した。ブロック(The Block)が「アプトス」CTOエイブリー・チン(Avery Ching)氏に取材した独占記事として2月13日報じた。

アプトスラボは、ブロックチェーンに変更を加え「アプトス」上でトランザクションやパスキーの署名、パスキーの公開鍵を取得し、その情報でトランザクションを検証する「パスキー」認証システムを作成したとのこと。

そして「パスキー」には、アップルペイ(Apple Pay)やグーグルペイ(Google Pay)などのサービスのような使いやすさが反映されているとのことだ。

発表によると現状の暗号資産(仮想通貨)ウォレットでは、アカウント作成時に生成された長いコードや秘密鍵を、ユーザーが安全に保管する必要があるという。また秘密鍵は通常、ユーザーが設定したパスワードで暗号化される為、パスワードを紛失した場合はウォレットにアクセスできなくなるとのこと。

しかし「パスキー」では、ユーザーはタッチIDかフェイスIDを介して、パスワード無しでログインが可能になるという。また「パスキー」アカウントの秘密鍵を自身のデバイスに直接保存でき、その秘密鍵をバックアッププロバイダーのアイクラウド(iCloud)やグーグルパスワードマネージャー(Google Password Manager)などと同期できるとのこと。その為トランザクション署名時にサービス側へリクエストを送信する必要が無くなったとのことだ。

アプトスとは

アプトスは、「Move(ムーヴ)」言語を採用したレイヤー1ブロックチェーン。「ムーヴ」は、メタ(旧:Facebook)が2019年に「リブラ(Libra)」として発足したステーブルコインプロジェクト「ディエム(Diem)」のチームが開発したスマートコントラクト言語だ。

なおアプトスの開発は、ディエムの開発チームに所属していたモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が共同創業したアプトスラボ(Aptoslabs)が主導している。

またアプトスの独自トークンAPTは、国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコインジャパン(OKCoinJapan)にて、今月下旬より取り扱われる予定だ。予定通り同取引所にAPTが上場すれば、国内初の取り扱い事例となる。

関連ニュース

参考:The Block
images:iStocks/scyther5・Peshkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道