「BAYC」のユガラボ、「Moonbirds」運営のPROOF買収

ユガラボが「Moonbirds」運営のPROOF買収

人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」等を運営するユガラボ(Yuga Labs)が、「ムーンバーズ(Moonbirds)」等のNFTコレクションを運営するプルーフ(PROOF)の買収を2月17日発表した。

なおユガラボは、今回の買収額について公表していない。

同社は、プルーフが展開する「ムーンバーズ」以外の「オディティーズ(Oddities)」、「ミュトス(Mythics)」、「グレイルズ(Grails)」も傘下に収めた。

発表によると「ムーンバーズ」は、ユガラボが展開するメタバース「アザーサイド(Otherside)」へ統合される予定とのことだ。

「BAYC」は猿のキャラクターをモチーフにした全10,000点で展開されるNFTプロジェクトで、2021年4月より販売が開始されている。

また「ムーンバーズ」は、フクロウがモチーフのジェネラティブNFT。2022年4月に10,000点が発行・配布されている。

両コレクション共に、取引量が多く集積性や成長性をに優れた優良NFT「ブルーチップNFT」にカテゴリーされている。

関連ニュース

参考:ユガラボ
images:iStocks/your_photo・Irina-Shibanova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない