なぜNFTは私たちにサッカーの未来を垣間見せるのか? Bored Apesとブロックチェーン

なぜNFTは私たちにサッカーの未来を垣間見せるのか?

サッカーのスター選手たちに新しいプレイが加わった。ブラジルのネイマールからリバプールのアンドリュー・ロバートソンまで、多くの選手がNFTに参加している。NFTなどのデジタル資産は、スポーツの変化し続ける未来を垣間見せてくれるだろう。

ネイマールやイングランド代表のDFリース・ジェームスが、最近ソーシャルメディアのプロフィール写真をApe(サル)のファンキーなデジタルアート作品に変更したのをご存知だろうか。これは人気NFT「Bored Ape Yacht Club」のコレクションの一部だ。

NFTは「non-fungible tokens(非代替性トークン)」の略語で、画像やビデオ、サウンドクリップにリンクされたデジタル資産だ。NFTを支える技術であるブロックチェーンでは、オリジナルの所有権は保証されている。しかし多くの人々は、物理的に存在しないオンラインで自由に閲覧できるアイテムに、何故これほど多くの費用がかかるのか不可解に思っている。

「サッカー選手はこうしたものの格好のターゲットだ」とイングランド・プレミアリーグの選手を担当する、ある代理人はロイターに語った。「彼らは何かを所有しているという話題を持って練習に参加するのは、ステータスなのです。身につけることのない腕時計のようにね」

NFTの所有者の中には、価格上昇の恩恵を受けたいと望んでおり、その想いが自らのNFTを宣伝する動機にもなっている。

サッカーに特化したNFTエージェンシーであるイギリスのキャピタル・ブロック(Capital Block)のCEO、ティム・マンナル氏はロイターに対し「これらのApeは昨年は180ドル(約2万円)で売られていた」と語った。

「今では、ほとんどが75万ドル(約8,700万円)から200万ドルの間で売られている。それはとても高級なクラブだ」「私はBored Ape Yacht Clubのファンだが、NFTとアートの周辺は間違いなくバブルだと思う」

反応は控えめに言っても様々で、ロバートソンとリバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルドは、彼らが「コレクション」発売した際に受けた怒りの声のあまり、ツイッターのリプライをオフにせざるを得なくなったほどだ。

NFTは暗号通貨との関連や、この新たな流行にまつわる謎が主な懸念材料となっている。

サッカー支援者協会のマルコム・クラーク会長はロイターに対し、「NFTに関与しなくても、ファンとの関わり合う他のモデルはたくさんある」と語った。

サッカー関係者が投機的な投資スキームに手を出すのは今回が初めての事ではないが、今回に至ってはクラブも現金化を望んでいる。

ドイツのブンデスリーガは、デジタル企業Sorare(ソーレア)とNFTパートナーシップを結んでいる。一方で米国の全米バスケットボール協会(NBA)のTop Shot(トップショット)プラットフォームを開発するのはブロックチェーン企業Dapper Labs(ダッパーラボ)だ。ダッパーラボは、スペインのラ・リーガ部門と契約を結ぶほど人気がある。なお現在ソーレアは、英国ギャンブル委員会によって調査されている。

何を伝えたいのかというと、バスケットボールファンがレブロン・ジェームズのスラムダンクのビデオのNFTに20万ドル(約2,300万円)以上を支払ったように、ボルシア・ドルトムントのストライカー、エルリング・ハーラントの珍しいデジタルトレーディングカードはひと月に70万ドル(約8,100万円)近くで売れたのだ。

なおプレミアリーグはそのパイの分け前を欲しがっている。

「プレミアリーグのすべてのクラブがNFTについて話し合っていることは知っている」とキャピタルブロックのマンナル氏は付け加えた。また「ファンエンゲージメントは大きな魅力だ。クラブができることは、まだ表面化したわけではない」

プレミアリーグはコメントを控えたが、関係者はロイター通信に対し、プレミアリーグは選択肢を検討中であると語った。英国のメディアは、クラブにとって4億ポンドの価値があると報じている。

先月、チェルシーの元キャプテン、ジョン・テリー氏は商標権に関連するリーグによる法的介入を受け、自身の「Bored Ape」にのせていたプレミアリーグのトロフィーを取り外した。

世界中の多くのトップチームが独自のファントークンを立ち上げており、サポーターは試合前の歌を決めるような些細なことにお金を払うことで発言権を得ることができるのだ。これもまた万人受けするものではないのではないか。

しかしお金がかかっている以上、このようなものが増えるのは必然であるかもしれない。

「私はアーセナルのファンだ」とマンナル氏は付け加えた。「アーセナルの試合を見て、(監督の)ミケル・アルテタのインタビューを見るんだ。それから、他の人が話している番組も見るよ」

「もし、NFTを作ったら、そのNFTを所有している1000人の選ばれたグループだけが見られる、アーセナルの監督の個人的な洞察を得ることのできる特別なクラブに入ることができるとしたら、どうだろう?」

可能性は無限大だ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

競争激化する「スポーツ×NFT」、ダッパーラボが約270億円調達と、スペインサッカーリーグと提携を発表

ソフトバンク、NFTサッカーゲーム「Sorare」の約745億円調達を主導

サッカーUEFAがファントークン発行へ、チリーズ「Socios .com」と提携

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。

Bored Apes and blockchains – why NFTs give us a glimpse into soccer’s future

Reporting by Peter Hall; additional reporting by Elizabeth Howcroft; Editing by Toby Chopra

翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:iStocks/Khosrork・Eugene_Onischenko

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/6開催情報 更新】アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network)」が8月下旬から9月上旬にかけ、東京で連続イベント「Astar Week」を開催する。アスターネットワークのファウンダー渡辺創太氏もイベントに合わせ帰国、各イベントで様々な業界内外のプレイヤーや有識者とディスカッションを行う予定だ。なお「あたらしい経済」も開催協力として本イベントをサポートしている。

【動画公開】日本人起業家らがweb3事業拠点に「スイス」を選ぶ理由は?(松⽥俊宏/藤本真⾐/⼩宮⾃由/岡崇)

スイスと⽇本のテクノロジーにおける産学連携活動を⾏うアカデミックシンクタンク「SEYMOUR INSTITUTE(シーモア インスティテュート)」が、事業拠点としてのスイスの魅⼒を発信する動画「事業拠点としてのスイス、web3産学視察 2022春の報告」を公開した。この動画はスイス政府機関(在⽇スイス⼤使館内)スイス・ビジネス・ハブ・ジャパン投資促進部が協⼒し、スイスを拠点として活動する⽇本の若⼿起業家らが参加している。

Sponsored

【ツイッタースペース】コシノジュンコNFTとは? NFTのこれからの可能性を語る 6/22 20時〜

本プロジェクトに携わっている、and factory Start Up事業部の福田圭太氏、fracton ventures Co-Founder の鈴木雄大氏に、あたらしい経済編集長の設楽悠介が、コシノジュンコNFTについての詳細や、and factoryがNFT事業に参入した理由、今後の展開などについて訊くTwitterスペース・イベントを開催します。