DEX「dYdX」のトークン「DYDX」、Strideがリキッドステーキング提供開始

Strideが「DYDX」のリキッドステーキング提供開始

リキッドステーキングプロトコル「Stride(ストライド)」が、DEX(分散型取引所)dYdX(ディーワイディーエックス)の独自トークン「DYDX」のリキッドステーキング提供開始を1月30日発表した。

リキッドステーキングとはトークンをステーキングする(預け入れる)ことで、取引や運用が可能な「預かり証のようなトークン」を受け取れるサービスだ。これによりステーキングの報酬を受け取りつつ、受け取ったトークンで資産の運用を続けられる仕組みになっている。

なお「ストライド」は、コスモス(Cosmos)エコシステム上で稼働するリキッドステーキングプロトコルだ。

dYdXは、Cosmos(コスモス)のブロックチェーン開発キット「Cosmos SDK」を利用して開発されたdYdXの独自チェーン上に構築されたDEXだ。同DEXのv4として、Ethereum(イーサリアム)のレイヤー2ソリューションである「Stark-net(スタークネット)」から独自チェーンに昨年10月に移行している。

なお今回のリキッドステーキング対応は、dYdXのチェーンプロトコルv3.0アップグレード実装により可能となっている。

今回のリキッドステーキングでは、「ストライド」へ「DYDX」をステーキングすることで同量の「stDYDX」が付与される。「stDYDX」は「DYDX」の市場価格と1:1になるように設計されているLST(リキッドステーキングトークン)となっている。

dYdXには「DYDX」のネイティブステーキングがあるが、ステーキングの間「DYDX」はロックされる。またロック解除にあたり30日間のステーキング解除期間が設けられている。

リキッドステーキングでは「DYDX」をステーキングし報酬を得ながらも、「stDYDX」をDeFi(分散型金融)にて運用が可能になるというわけだ。

ちなみに「ストライド」でも「DYDX」のアンステークを行う場合は、同量の「stDYDX」と解除期間の30日間が必要となっている。

なおdYdX Japan Communityによると、dYdXエコシステムでは「ストライド」の他「pStake(ピーステイク)」と「Quicksilver(クイックシルバー)」の2つのリキッドステーキングプロバイダーが存在しているとのこと。

 その2つのプロバイダーでも「DYDX」のリキッドステーキングを立ち上げる準備をしているとのことだ。

関連ニュース

images:iStock/koyu

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論