dYdX v4が24h取引高で最大のDEXに、「Uniswap」上回る

dYdX v4が24h取引高で最大のDEXに

dYdX(ディーワイディーエックス)の24時間の取引高が、Uniswap(ユニスワップ)の取引高を上回り、全DEX(分散型取引所)で最大となった。

コインマーケットキャップによるとDEX最大取引高となったのは、昨年10月にローンチしたdYdXチェーン(dYdX Chain)上のdYdX v4だ。記事執筆時点(1/19 12:30)において24時間の取引高は約6.41億ドル(約950億円)となっている。

それに続く第2位の取引高は、Ethereum(イーサリアム)上のユニスワップで約5.35億ドル(約793.4億円)。続いて第3位はイーサリアムのレイヤー2ソリューション「スタークネット(Stark-net)」上に構築されている「dYdX V3」で取引高は約4.96億ドル(約735.7億円)を記録している。

なお第4位はソラナ(Solana)上に構築されているOrca(オルカ)、第5位は同じくソラナ上のJupiter(ジュピター)が続いている。

dYdXチェーンは、Cosmos(コスモス)のブロックチェーン開発キット「Cosmos SDK」を利用して構築されたdYdXの独自チェーン。同チェーンは、DEXとしての「完全な分散化」を目的に構築されている。

dYdXの運営は今までdYdXトレーディング(dYdX Trading)が行っていたが、「dYdXチェーン」開始にむけ同社から権限が離れ、現在同社は公益法人に切り替わっている。

これについてdYdX創業者のアントニオ・ジュリアーノ(Antonio Juliano)氏も「dYdXチェーンによってdYdXは、コードによって完全に運営される取引所となり、ユーザーによって管理される取引所になる」と述べている。

関連ニュース

参考:コインマーケットキャップ
images:iStocks/Yellow-duck・iam2ma

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ