Arbitrum One、チェーンリンクの「Chainlink Function」のサポート開始

Arbitrum OneがChainlink Functionのサポートを開始

「アービトラムワン(Arbitrum One)」が、ブロックチェーンデータプロバイダーのチェーンリンク(Chainlink)提供の「チェーンリンクファンクション(Chainlink Function)」のサポートを開始した。チェーンリンクが公式Xにて1月26日に発表している。

なお「アービトラムワン」は、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「アービトラム(Arbitrum)」の分散型取引所(DeFi)やNFT向けのチェーンである。

またチェーンリンクの「チェーンリンクファンクション」は、チェーンリンクが提供する任意のオフチェーンのAPIとスマートコントラクトの統合を実現するためのプラットフォームだ。開発者は同プラットフォームを利用することで、独自のサーバーを用意することなく、これを実現できる。

今回アービトラムワンが同プロトコルをサポートしたことにより、合計で4つのネットワークで使用可能になった。

現在サポートされているネットワークは、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、アバランチ(Avalanche)、アービトラムワンであり、それぞれのテストネットでも利用可能だ。

ただし現在「チェーンリンクファンクション」は、メインネットベータ版である。そのため重大な変更追加の可能性があることに注意が必要である。

アービトラムの開発を主導するオフチェーンラボ(Offchain Labs)の最高戦略責任者A.J氏は、「アービトラムのテクノロジーを大量に採用するには、Web3を継続的に単純化してWeb2のエクスペリエンスに近づけることが重要です」とし、また「チェーンリンクファンクションは、Web2データに簡単に接続して低コストの計算を体験できるため、アービトラムでの開発者のエクスペリエンスを合理化できます」と語っている。

なおチェーンリンクは先日1月16日、同社提供のクロスチェーン相互運用プロトコル「CCIP:Cross-Chain Interoperability Protocol」と、サークル(Circle)開発のクロスチェーン転送プロトコル「CCTP:Cross-Chain Transfer Protocol」の統合を発表した。これにより開発者は「CCIP」を使用したアプリケーションでネイティブ版のUSDCを利用できるようになった。

関連ニュース

参考:アービトラム財団リリース
images:iStock/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した