米GameStopがNFTマーケットプレイス提供終了へ、暗号資産規制の不確実性を理由に

GameStopがNFTマーケットプレイス提供終了へ

米ビデオゲーム小売のゲームストップ(GameStop)が、NFTマーケットプレイス「ゲームストップNFT(GameStop NFT)」の提供終了予定を発表した。

その発表によると同サービスでは2月2日以降、ユーザーはNFTの購入・販売・作成が出来なくなるという。ただしユーザーが保有するNFTはブロックチェーン上にミント(鋳造/発行)されたものであるため、他のプラットフォームを通じて引き続きアクセスや販売が可能であるとのこと。

ゲームストップは今回のサービス提供終了について「暗号資産分野の規制上の不確実性が続いているため」と説明している。

なおゲームストップは昨年8月に今回と同様の理由にて、同社が2022年に公開した、暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ゲームストップウォレット(GameStop Wallet)」を廃止していた。

「ゲームストップNFT」は2022年10月にローンチしたNFTマーケットプレイスだ。イーサリアム(Ethereum )のレイヤー2ソリューションなどを開発するイミュータブルX(Immutable X)と共同で開発された。

ゲームストップとイミュータブルXは、2022年2月にパートナーシップ契約を締結し、イミュータブルX独自トークン「IMX」で最大1億ドル(当時約115億円)のファンドを設立している。そのファンドの資金は、NFTコンテンツおよび技術クリエイターへの助成金として使用していく予定と発表されていた。

関連ニュース

参考:ゲームストップNFT
images:iStocks/jetcityimage

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究