GameStopが暗号資産ウォレット廃止へ、規制の不透明さ理由に

公開から1年足らずでの廃止決定

米ビデオゲーム小売のゲームストップ(GameStop)が、暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ゲームストップウォレット(GameStop Wallet)」を廃止する。8月2日各社が報じた。

ゲームストップのウェブサイトでは現在、「ゲームストップは、暗号資産領域の規制が不透明なため、2023年11月1日にiOSおよびChrome Extensionウォレットを市場から削除することを決定しました」とのポップアップが表記されるようになっている。

またゲームストップはユーザ―に対し、2023年10月1日までにシークレットパスフレーズにアクセスできるようにしておくことを推奨している。シークレットパスフレーズによりユーザーは、「ゲームストップウォレット」に互換性のあるウォレットでアカウントが復元可能なようだ。

ゲームストップは昨年5月に「ゲームストップウォレット」を発表していた。同ウォレットはGoogleのChromeウェブストアから機能拡張としてブラウザにインストールできる、ユーザーが秘密鍵を管理するノンカストディアル型のウォレットだ。

同ウォレットを利用することで、ゲーマーなどはウェブブラウザを離れることなく暗号資産やNFTを保管、送受信、利用可能であった。また「ゲームストップウォレット」は、同社のNFTマーケットプレイスでも利用可能とのことだった。

暗号資産規制について

今回ゲームストップが発表した「暗号資産領域の規則の不透明さ」がどの領域を指すかなどの詳細は明らかになっていない。

しかし米国においての暗号資産領域の規制は強化傾向にある。

米証券取引委員会(SEC)は米国の暗号資産関連企業に対し、複数の訴訟を起こしており、現在もその多くが進行中だ。

今年2月には、米投資アプリ運営のロビンフッド(Robinhood)が、米証券取引員会(SEC)より召喚状を受け取っている。この召喚は、ロビンフッドの「暗号資産の上場、暗号資産の保管、顧客の開示、プラットフォームの運用」に関する調査のためだという。なおロビンフッドは3月、暗号資産ウォレット「ロビンフッドウォレット(Robinhood Wallet)」を全iOSユーザーへ正式リリースしている。

また大手暗号資産取引所のコインベース(Coinbase)は、昨年7月21日、SECに対し「デジタル資産証券規制に関する規則制定を求める請願書」を提出しており、明確なルール策定を求めるため、今もなおSECと法廷で争っている。

関連ニュース

参考:レザーデジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jetcityimage

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ