GameStop、暗号資産ウォレット公開

GameStop、暗号資産ウォレット公開

米ビデオゲーム小売のゲームストップ(GameStop)が、暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ゲームストップウォレット(GameStop Wallet)」を5月23日に公開した。このウォレットはGoogleのChromeウェブストアから機能拡張としてブラウザにインストールできる、ユーザーが秘密鍵を管理するノンカストディアル型のウォレットだ。

このウォレットを使うと、ゲーマーなどがウェブブラウザを離れることなく暗号資産やNFTを保管、送受信、利用できるようになる。また「ゲームストップウォレット」は、第二四半期にローンチ予定の同社のNFTマーケットプレイスでも利用可能とのことだ。

今年の2月にゲームストップは、イーサリアムのレイヤー2ネットワーク開発を行うイミュータブルX(Immutable X)とパートナーシップ契約を締結し、イミュータブルX独自トークン「IMX」で最大約115億円(1億ドル)のファンドを設立している。そのファンドの資金は、NFTコンテンツおよび技術クリエイターへの助成金として使用していく予定と発表されている。

また先週、米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」を提供するロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)がノンカストディアルウォレットを開発中であることを明らかにしている。

現在多くの企業によるノンカストディアル型web3ウォレットの発表が相次いでいるが、圧倒的にシェアを誇るのは米コンセンシス(ConsenSys)のメタマスク(MetaMask)だ。今年3月にメタマスクの月間アクティブユーザー数が3,000万人を突破したことが発表されている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RiverNorthPhotography・Svetlana-Borovkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。