ゲームストップがNFTマーケットプレイス公開、Immutable Xと開発

ゲームストップがNFTマーケットプレイス公開、Immutable Xと開発

米ゲームソフト小売のゲームストップ(GameStop)が、NFTマーケットプレイス「ゲームストップNFTマーケットプレイス(GameStop NFT Marketplace)を正式にローンチした。同社が10月31日に発表した。このマーケットプレイスはイーサリアムのレイヤー2ソリューションなどを開発するイミュータブルX(Immutable X)と共同で開発されたものだ。

マーケットプレイスでは、イミュータブルX上で構築されているweb3ゲームのNFTが取引できるようになった。具体的にはGods Unchained、Guild of Guardians、IlluviumなどのImmutable X基盤のゲームだ。またこのマーケットプレイスは、手数料なし(ガスフリー)で、カーボンニュートラルなミントと取引が可能になるよう設計されているとのこと。

なおこれまでゲームストップとイミュータブルXは、NFTとweb3ゲームの将来を担うディベロッパーやクリエイターによる新しいゲームの提案、契約、統合を促進するための1億ドルの助成金ファンドを立ち上げていた。 

イミュータブルXの社長兼共同創設者のロビー・ファーガソン(Robbie Ferguson)は「ゲームストップとの提携は、イミュータブルが次の10億人のプレイヤーをweb3ゲームに取り込む上で重要なステップとなります。ゲームストップNFTマーケットプレイスが開設されたことで、プレイヤーにクラス最高の体験を提供しながら、さらに何百万ものNFTや現在開発中のトップレベルのweb3ゲームへのアクセスを提供できるようになりました。私たちは、イミュータブルとゲームストップの関係を引き続き深めることができ、web3ゲームの未来の世界を共に築いていくことを楽しみにしています」とコメントしている。

なおゲームストップは今年の5月に、暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ゲームストップウォレット(GameStop Wallet)」を公開している。また9月にゲームストップはFTX USとパートナーシップを締結し、新しいeコマースとオンラインマーケティング施策で協力していく方針を示した。なおゲームストップの一部店舗でFTXギフトカードの取り扱いを開始する予定となっている。

参考:GameStop
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RiverNorthPhotography・Max-Tarkhov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した