コインベースにBaseのDeFiプロトコル「Seamless(SEAM)」上場

コインベースにSEAM上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産シームレス:Seamless(SEAM)の取り扱い開始を12月12日発表した。

取引ペアはSEAM -USDになるという。

「SEAM」の取り扱いは「コインベース(Coinbase:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で行われるとのこと。コインベースのサービス提供地域のうち一部は対象外になる可能性があるとのことだ。

なお今回コインベースで取り扱われるのは、コインベースが開発したイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ネットワーク「ベース(Base)」上のERC-20トークンとして発行された「SEAM」のみとなる為、他ネットワークで発行されたトークンは入出金不可となる。

またコインベースでの「SEAM」取り扱いは、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

「シームレス」は「ベース」で提供されている分散型金融(DeFi)プロトコルの中で最もTVL(総預かり資産額)が大きいレンディングプロトコルである「シームレスプロトコル(Seamless Protocol)」のガバナンストークン。

同トークンは12月12日に発行が開始されたばかりであり、発行と同時にユーザーへのエアドロップを実施した。エアドロップの対象者は「シームレスプロトコル」が以前行ったポイントプログラムやコミュニティクエストへの参加をもとに決定したとのことだ。

コインベースはこれまで「ベース」上のトークンを上場させておらず、「SEAM」はコインベースが上場させる初めての「ベース」上のトークンとなった。

関連ニュース

参考:シームレスブログ
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored