S&Pがステーブルコインのリスク判断開始、テザー「USDT」などが低評価

S&Pがステーブルコインのリスク判断開始

格付け会社S&Pグローバルが、法定通貨などと値動きが連動するように設計された暗号資産(仮想通貨)の一種、ステーブルコインのリスク判断を開始し、最も取引量が多い「テザー(USDT)」などに低い評価を与えた。

ステーブルコインはある程度安心できるとの見方から人気が高まったが昨年5月、「テラUSD(UST)」と関連暗号資産「テラ(LUNA)」の大暴落でその脆弱性が浮き彫りになった。

こうした中でS&Pは、ステーブルコインを5段階(1が最高、5が最低)に点数化。政府や企業に対する「トリプルAからデフォルト圏」までの格付けと別の制度としたが、資産の質や問題点を重視して判断を下す手法はほぼ同じで、格付けのように引き上げや引き下げも行う。

S&Pのアナリスト、ラポ・グアダグヌオロ(Lapo Guadagnuolo)氏は、ステーブルコインを決済手段として利用する動きが広がってきたことを、点数評価を始めた主な理由として挙げた。

今回は「USDT」の他、取引量第2位の「USDコイン(USDC)」や「ファーストデジタルUSD(FDUSD)」、「パックスダラー(USDP)」、「ジェミナイダラー(GUSD)」など8つのステーブルコインが評価されている。

評価「1」に該当する銘柄は無く、「2」については「USDC」や「USDP」、「GUSD」が評価された。「3」は該当なく

「USDT」および取引量第4位の「ダイ(DAI)」そして「FDUSD」の点数は下から2番目の「4」。取引量第5位の「トゥルーUSD(TUSD)」と「フラックス(FRAX)」は最下位の「5」になった。

S&Pによると「USDT」の低評価は準備資産の保有先に関する情報不足が反映されているという。また準備資産の大半は米国債や現金同等資産だが、よりリスクの高い資産にも「相当なエクスポージャー」があるとのこと。

「TSUD」の場合は、準備資産の内容や信頼できる機関がこれらの資産を保有しているのかどうか、何の情報もないと指摘された。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
S&Pがステーブルコインのリスク判断開始、テザーなどが低評価
Marc Jones
images:iStocks/peshkov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した