S&PがDeFi戦略グループ設立、機関投資家やクリプトネイティブをサポート

S&PがDeFi戦略グループ設立

世界最大手の格付け機関S&Pグローバル・レーティングス(S&P Global Ratings)が、DeFi(分散型金融)戦略グループを設立したことが5月17日分かった。

このグループ設立により、DeFi市場に関するリサーチラボで得られた知見を基に、S&Pグローバルの分析能力とリスク評価能力を活用し、従来の機関投資家顧客および暗号資産(仮想通貨)ネイティブのDeFiユーザーをサポートするとのことだ。

DeFi戦略グループは、S&Pグローバル・レーティングスのグローバル責任者チャック・マウント(Chuck Mounts)氏が、チーフDeFiオフィサーとしてリードし、同社のDeFiリソース開発を推進するとのこと。

そして同社シニアディレクターのチャールズ・ジャンセン(Charles Jansen)氏が、DeFiトランスフォーメーションの責任者に就任し、技術的専門知識と暗号資産エコシステムの知識を統合し、新製品やサービスの開発を指導するという。

また同社はDeFiについて、既存のプライマリーおよびセカンダリーマーケットを補完すると同時に、新しい市場の枠組みを生み出し、全てのクレジット市場に影響を及ぼすと説明している。

なお5月7日、S&Pグローバル・レーティングスは暗号資産レンディングプラットフォームを提供するコンパウンド(Compound)に、「B-」の格付けを付与している。これによりコンパウンドは、DeFiプロトコルとして初めて大手格付け機関から格付けを受けたこととなった。

関連ニュース

S&P、暗号資産レンディング「Compound」を「B-」に格付け

セキュリタイズ、S&Pインデックス追跡のトークン化ファンド立ち上げ

パクソスとステートストリートが提携、株式決済インフラ試験統合

米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に

ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・Thinkhubstudio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資