ソラナ財団主催イベント「Solana Hacker House」が東京で開催へ

ソラナ財団主催「Tokyo Hacker House」が5月25日より開催

パブリックブロックチェーン・ソラナ(Solana/SOL)のソラナ財団(Solana Foundation)が主催するオフラインイベント「Tokyo Hacker House」が開催されることが分かった。FTX Japan株式会社が5月18日発表した。

このイベントはソラナ財団が世界各地で開催している「Solana Hacker House」の東京版で、日本での初開催となる。

イベントは5月25日から29日の5日間で東京都品川区の寺田倉庫G号にて開催され、参加費は無料だ。ソラナラボのコアエンジニアやパートナーから、直接学ぶことができる開発者や起業家向けのイベントとのこと。

主には、DeFiやNFTのプログラミングやソラナエコシステムにおけるスマートコントラクトの作成方法、ソラナブロックチェーンの始め方、また日本における暗号資産の課税制度や法規制についてやパートナーによるプレゼンテーションの受講が可能だという。

さらにソラナチームによる開発者、起業家向けの相談窓口も設置され、web3.0プロジェクトの進め方、資金調達、チームや事業をスケールさせる方法など具体的な案件についてのアドバイスも求められるとのことだ。

参加には事前登録が必要。参加制限の人数には記載がないが、先着順となっているとのことだ。

→参加登録はこちらから

→タイムテーブルはこちらから

関連ニュース

ソラナラボが「Solana Pay」ローンチ、CircleやPhantomらと 

ソラナ(Solana)が170億円規模のファンド立ち上げ、NFTゲーム企業らと共同で

ソラナ、a16zやPolychainらから約343億円調達

【取材】日本発SolanaのDeFi「Cega」が約5億円調達、パンテラやコインベースらから

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Максим-Ивасюк・whitehoune

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した