米ユニバーサルミュージック全アーティスト、LimeWireでNFT販売可能に

米ユニバーサルミュージックとLimeWireが提携

米ユニバーサル・ミュージック・グループ(UNIVERSAL MUSIC GROUP:UMG)所属全アーティストが、ライムワイア(LimeWire)提供のNFTマーケットプレイスで、NFTの販売が行えるようになったことが分かった。

UMGとライムワイアは5月18日提携を発表し、 UMG及びUMG傘下のレコード会社に所属する全アーティストに対してライムワイアマーケットプレイス(LimeWire Collectibles marketplace)を利用の開放したという。

これにより同所属アーティストはオーディオレコーディング、オーディオビジュアルコンテンツ、舞台裏の映像、アートワークや画像をNFTとしてライムワイアのマーケットプレイスで提供し、ファンやコレクターに直接販売できるようになるとのことだ。

なおライムワイアのNFTマーケットプレイスは今後数ヶ月以内に正式オープンする予定とのこと。またNFTマーケットプレイスでの決済手段として、暗号資産(仮想通貨)以外にクレジットカードなどの従来の支払い手段も可能とのことだ。

ライムワイアは今年3月にアート、エンターテインメント、音楽のデジタル・コレクティブル・マーケットプレイスとして、ブロックチェーンのアルゴランド(Algorand)を採用してトークンとNFTを発行することが発表していた。

またライムワイアは4月にプライベートトークンセールを実施し、クラーケンベンチャーズ(Kraken Ventures)、アーリントン・キャピタル(Arrington Capital)、GSRが主導のもと1040万ドル(約13億円)を調達している。

このトークンセールにはクリプト・ドットコム・キャピタル(Crypto.com Capital)、CMCCグローバル(​​CMCC Global)、ハイブマインド( Hivemind)、スイスボーグ(swissborg ventures)、DJのスティーヴ・アオキ(Steven Aoki)などの企業や個人が参加した。

なおライムワイアはかつて「グヌーテラ(Gnutella)」ネットワークを通じてP2Pでファイル共有を行うフリーソフトウェアを提供していたが、2010年10月に配布を停止している。

UMGは今年2月、NFTプラットフォーム「キュリオ(Curio)」と提携し、自社のレーベルや所属アーティストの公式NFTプロジェクトの立ち上げを発表している。また3月に米ビルボードと提携し、NFTプロジェクト「ChartStars(チャートスターズ)」を立ち上げている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

米ユニバーサルミュージックがNFT販売へ、Curioと提携で

ユニバーサルミュージックとビルボード、NFTプロジェクト立ち上げへ

ハイブマインドとアルゴランド(ALGO)、音楽配信「ナップスター」買収

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

参考:universalmusic
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Davizro

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored