ユニバーサルミュージックとビルボード、NFTプロジェクト立ち上げへ

ユニバーサルミュージックとビルボードがNFTプロジェクト立ち上げへ

米ユニバーサル・ミュージック・グループ(UNIVERSAL MUSIC GROUP:UMG)と米ビルボードが提携し、NFTプロジェクト「ChartStars(チャートスターズ)」を立ち上げたことが3月2日分かった。

なおNFTスタートアップのアンブロックド(Unblocked)が「チャートスターズ」のNFT技術パートナーとなっているとのこと。アンブロックドはラッパーのJay-Zやダッパーラボ(Dapper Labs)などが支援する企業でもある。

UMGはワーナー・ミュージック・グループ、ソニー・ミュージックエンタテインメントと共に、世界3大レーベルのひとつに数えられる音楽関連企業。またビルボードは各ジャンルの音楽チャートを発表している音楽業界誌だ。

発表によると「チャートスターズ」は、ビルボードチャートにおけるUMGアーティストの功績とマイルストーンを独占的なNFTにした、デジタル・コレクティブル・プロジェクトとのこと。UMGに公式ライセンスを受けたミュージックビデオのワンシーンやアルバム写真などを、最初のNFTとして5月にリリースする予定とのこと。またビルボードライブイベントへの特別アクセスを可能にする計画もあるとのことだ。

なお「チャートスターズ」にはダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「FLOW」が基盤にサービス構築されている。決済にはクレジットカード利用が可能とのこと。

UMGは2月、NFTプラットフォーム「キュリオ(Curio)」と提携し、自社のレーベルや所属アーティストの公式NFTプロジェクト立ち上げを発表している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

米ユニバーサルミュージックがNFT販売へ、Curioと提携で 

「NFTの次のヒットは音楽業界から生まれるだろう」、エルトンジョンやビヨンセの元マネージャー語る

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達 

人気NFT「BoredApeYachtClub(BAYC)」から音楽レーベル誕生

ニューヨークでNFTアート自動販売機設置、Neonがソラナ(SOL)活用 

参考:Billboard
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Davizro

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ