ビットメイン、Aleoブロックチェーン用マイニング機器を発表

ビットメイン、Aleoブロックチェーン用マイニングリグ発表

マイニング機器の製造販売を行う企業ビットメイン(Bitmain)が、プライバシーを重視したブロックチェーン「アレオ(Aleo)」に対応した新しいマイニング機器を10月23日に発表した。

「アレオ」はゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用することで、プライバシーを重視したアプリケーションを構築するための開発者向けプラットフォームを提供するレイヤー1ブロックチェーンプロジェクト。同プロジェクトでは、プログラミング言語のRustからインスピレーションを開発されたLeo言語でのアプリケーション開発をサポートするとのこと。

なお「アレオ」のプルーフ・オブ・ワーク(PoW:Proof of Work)ネットワークは現在テストネット環境であり、完全には稼働を開始していない。

同プロジェクトは、2021年4月にアンドリーセン・ホロヴィッツ(a16z)が主導するシリーズAラウンドで2800万ドルの資金調達を成功。2022年2月にはシリーズBラウンドの資金調達でソフトバンクグループの「SoftBank Vision Fund 2」と「Kora Management」主導のもと2億ドルを調達している。

ビットメインは過去数か月いくつかの新製品を発表してきた。具体的には7月下旬にはファイルコイン:Filecoin(FIL)のマイニングリグ、8月にはカスパ:Kaspa(KAS)のマイニングリグ出荷とモネロ:Monero(XMR)のマイニングリグを発表しており、最近次世代のビットコインマイニングリグも発表している。

関連ニュース

参考:ビットメインリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Believe_In_Me

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない