クーコインがマイニングプール「KuCoin Pool」を一時停止、中核事業に集中か

ビジネス戦略に伴い

暗号資産(仮想通貨)取引所クーコイン(KuCoin)が、暗号資産マイニングプールのサービス提供を一時停止すると8月4日発表した。

発表によれば対象となるサービスは、「クーコインプール(KuCoin Pool)」で、2023年8月16日01:00:00(日本時間)より停止するとのこと。

またクーコインは暗号資産マイニング関係者に対し、サービス停止までにビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)のマイナーを他のマイニングプールに移行することと、2023年8月27日 09:00(日本時間)より前にマイニングの記録や関連データをバックアップして保管しておくことを推奨している。

なお停止期間中もユーザーは自身の資産にアクセスでき、その他のサービスは利用可能だという。

クーコインは今回のサービス停止を、ビジネス戦略の進化に伴ったものだと説明。THE BLOCKの報道によればクーコインは中核事業に集中し、より安全かつユーザーフレンドリーな取引プラットフォームを提供していくとのことだ。

クーコインは3月、米ニューヨーク州の司法当局より同州にて未登録で事業を行ったとして提訴されていた。

また当局は、クーコインは取引所ではあるものの、米証券取引委員会(SEC)に登録せず、商品先物取引委員会からも認められていない点を問題視した。クーコインが、セイシェル・カナダ・オランダ等で、免許を取得せずに営業していることも批難していた。

またクーコインは7月15日より、全ユーザーへのKYC(本人確認手続き)を義務化することを発表している。この対応は、「規制要件への準拠のため」と説明されており、既存ユーザーについては、同日までにKYCを完了しなければ、一部サービスが利用できなくなるとのことだ。

関連ニュース

参考:クーコイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催