ETHは有価証券との見解、NY司法当局がKuCoinを提訴

NY司法当局がKuCoinを提訴

米ニューヨーク州の司法当局が、同州にて未登録で事業を行ったとして、暗号資産(仮想通貨)取引所クーコイン(KuCoin)を提訴したと3月9日発表した。

司法当局はクーコインに対し、証券やコモディティとなるETH・LUNA・テラUSD(UST)を含む暗号資産をクーコインが売買したと指摘している。

司法当局は申し立て書にて「ETHはLUNAやUSTと同様に、ETHの保有者に利益を提供するために第三者の開発者の努力に依存する投機資産である」と主張。よってクーコインはETH・LUNA・USTを販売する前にそれらを同州に登録する必要があるとした。

また司法当局は、クーコインが提供するステーキングサービス「KuCoin Earn」についても言及している。これも未登録での有価証券販売に相当するとした。

当局は、同州の法律においては有価証券及びその取引業者は同州への事前登録が義務付けられていると指摘している。

また当局は、クーコインは取引所ではあるものの、米証券取引委員会(SEC)に登録せず、商品先物取引委員会からも認められていない点を問題視した。クーコインが、セイシェル・カナダ・オランダ等で、免許を取得せずに営業していることも批難している。

司法長官のレティシア・ジェームズ(Letitia James)氏は、ニューヨークのユーザーがクーコインのアプリ・サイト・サービスへアクセスできないよう、クーコインにジオブロッキングさせる裁判所命令を求めている。

なおこの報道を受けてか、イーサリアム(ETH)の価格は、3月10日3:00時点の約208,225円台から、3月10日11:30現在で約195,046円に下落している(コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和

images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催