イーサリアム財団のETH売却、サンドイッチ攻撃を受けていたことが明らかに

イーサリアム財団がサンドイッチ攻撃を受けていたことが明らかに

イーサリアム財団(Ethereum Foundation)が先日行った1,700ETHの売却が、MEVボットによるサンドイッチ攻撃を受けていたことが分かった。ブロックチェーン分析プラットフォーム「アイゲンファイ(EigenPhi)」提供のMEV追跡機能によって確認できる。

なおMEV(最大抽出可能価値)は、ブロックチェーンのマイナーまたはバリデーターがブロックを生成する過程で、トランザクションの組み込み・除外・順序の変更を行うことで、通常のブロック報酬やガス報酬とは別で得られる利益のこと。MEVボットは、このMEVを得るために動作するボットのことだ。

またサンドイッチ攻撃は、DEX(分散型取引所)などで大きな取引が行われる際、その取引を見てから前後に取引を差し込むことで、大きな取引で生じるトークンの価格変動から利益を得る攻撃だ。これによりサンドイッチ攻撃の被害者は、トークンの取引を想定よりも悪い条件で実行させられるという被害を受けることになる。

「アイゲンファイ」のデータによると、今回のサンドイッチ攻撃によりイーサリアム財団は約135万円(約9,101ドル)の被害を受けたという。またMEVボットはサンドイッチ攻撃にかかるコストを差し引いて、約60万円(約4,060ドル)の利益を上げたとのことだ。

イーサリアム(Ethereum)をはじめ、いくつかのブロックチェーンは現在このMEVにかかわる問題を抱えている。

MEVにより一部のプロトコルは良い影響を受けるが、サンドイッチ攻撃などのMEV抽出ではユーザーが経済的に不利益を受けるだけでなく、ガス代が異常に高くなることや決済が失敗するなど、ユーザー体験が損われる問題も発生している。

そのため現在多くの開発者が、MEV抽出の抱える問題を解決するために尽力しており、バランサー(Balancer)やノーシスダオ(GnosisDAO)などが協力してMEVによる不利益を抑制するツール「MEVブロッカー」を開発するなどしている。

イーサリアム財団は10月9日、ユニスワップ(Uniswap)を通じて1,700ETHを米サークル(Circle Internet Financial)発行のステーブルコイン「USDC」の276万ドル(約4.1億円)にスワップ(交換)していた。このことは暗号資産分析会社スコープスキャン(Scopescan)によって同日報告されていた。

関連ニュース

参考:EigenPhi
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock・artacet・ismagilov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored