人気NFT「BAYC」とストリートファッション「BAPE」、コラボコレクション販売へ

BAYCとBAPEがコラボコレクション販売へ

人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するユガラボ(Yuga Labs)が、日本発のストリートファッションブランド「ア ベイシング エイプ(A BATHING APE):ベイプ(BAPE)」との提携を9月26日発表した。

この提携により両社は、限定版コラボコレクションとなるリアルのアパレルおよびアクセサリーを展開するとのこと。

この限定コラボコレクションは、まず11月4日に香港で開催される「ApeFest 2023 in Hong Kong」にて「BAYC」保有者向けに販売されるという。また同イベントに参加できない「BAYC」保有者については、トークンゲートを活用したオンライン販売にて同コレクションを購入できるとのこと。なおトークンゲートは、特定のトークン保有者に限りコンテンツにアクセスできる機能だ。

またこのコラボコレクションは、「BAYC」保有者向けに販売されたのち、「ベイプ」が展開するNFTである「ベイプタバース:(B)APETAVERSE」の保有者向けにも販売されるという。そして最終的に12月には「ベイプ」公式サイトのベイプドットコム(BAPE.COM)及び世界中の「ベイプ」ストアにて一般販売されるとのことだ。

「BAYC」は猿のキャラクターをモチーフにした全10,000点で展開されるNFTプロジェクトで、2021年4月より販売が開始されている。また同年12月には、大手スポーツファッションブランド「アディダス・オリジナルス(adidas Originals)」のメタバース事業参入にあたり、「アディダス・オリジナルス」ともコラボしている。

関連ニュース

参考:ユガラボ
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored