アプトスラボ提供のウォレット「ペトラ」でオンランプ可能に、コインベースペイ統合で

ペトラにコインベースペイ統合

レイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」開発のアプトスラボ(Aptos Labs)が、同社提供の暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ペトラ(Petra)」に「コインベースペイ(Coinbase Pay)」を統合したことを9月20日発表した。

これにより「コインベースペイ」利用のユーザーは、「ペトラ」を介したオンランプ(法定通貨を暗号資産に交換するプロセス)が可能となり、法定通貨から「アプトス」のネイティブトークン「APT」への交換ができるようになったとのこと。

またユーザーは、「コインベースペイ」で銀行やデビットカード、クレジットカード、コインベースアカウントの残高で、「APT」を「ペトラ」へ追加できるとのこと。

なお「コインベースペイ」は、「ペトラ」ウォレットのデスクトップ版およびモバイル版の両方に統合されているという。

アプトスとは

「アプトス」は昨年10月にメインネットローンチしたL1ブロックチェーン。メタ(旧フェイスブック)のデジタル資産事業ディエム(Diem)の開発チームに所属していたモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が共同創業したアプトスラボ(Aptoslabs)が開発を主導している。なお「アプトスネットワーク」の開発言語はディエムが開発した「Move(ムーヴ)」が採用されている。

今年8月にはアプトスラボと米マイクロソフト(Microsoft)が提携し、マイクロソフト提供のAIサービス「アジュールオープンAIサービス(Azure OpenAI Service)」をアプトスネットワークに統合したことが発表されている。

コインベースペイとは

米大手暗号資産取引所提供のサードパーティアプリ「コインベースペイ」は、メタマスク(MetaMask)などのセルフカストディウォレットや、分散型アプリケーション(dapps)から、コインベースでサポートされている暗号資産(一部除く)を直接購入または送金できる決済機能だ。

関連ニュース

参考:アプトスラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored