暗号資産取引所CoinExのハッキングに北朝鮮ハッカー集団「ラザルス」関与か、被害総額は約81億円超

少なくとも81億円相当のデジタル資産奪われたか

9月12日に発生した大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインエックス(CoinEx)の資金流出事件には、北朝鮮に関連するハッカー集団「ラザルス(Lazarus)」が関与していたようだ。ブロックチェーンセキュリティ会社スローミスト(SlowMist)が9月13日報告した。

コインエックスの資金流出事件は、同社のホットウォレットから時価790万ドル相当(約11.6億円相当)の約4,947イーサリアム(ETH)が、過去に取引履歴のない外部のアドレスに送信されたというもの。その後ダイ(DAI)、ビットコイン(BTC)、ザ・グラフ(GRT)、シバイヌトークン(SHIB)など様々な銘柄の暗号資産が外部アドレスに送られている。

スローミストによれば、この資金流出に関する被害総額は5500万ドル(約81億円)以上だという。

ハッキングを受けた翌日の9月13日、コインエックスは不審な出金があったもののユーザー資金は安全であるとし、被害を受けたユーザーに対してはハッキングによる損失について「100%の補償を行う」と保証した。

またコインエックスはセキュリティ強化のため、一時的に入出金を停止。同取引所は問題を徹底的に調査するための特別チームを設置し、事件に関する報告書を近日中に公表するとしている。

ステークドットコムのハッキングにも関与か

またスローミストは、同社が確認したオンチェーンでの動きから、暗号資産ベースのオンラインカジノプラットフォーム「ステークドットコム(Stake.com)」へのハッキングにも、コインエックスのハッキングに関与したハッカーが関連している可能性があると述べている。

9月4日頃発生したこの事件では、ステークドットコムが外部からの不正ハッキングにより約4,100万ドル(約60.3億円)の暗号資産を流出させられる被害を受けていた。

同事件は9月7日、米国連邦捜査局(FBI)により、ラザルスとの関与を確認されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/JohnDWilliams

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored