カストディ大手BitGo、韓国ハナ銀行と戦略的業務提携

韓国のデジタル資産保管分野参入へ

暗号資産(仮想通貨)などデジタル資産のカストディ企業ビットゴー(BitGo)が、韓国大手商業金融機関ハナ銀行と戦略的業務提携を結んだ。韓国・ソウルで開催しているカンファレンス「コリアブロックチェーンウィーク(Korea Blockchain Week:KBW)」にて9月5日発表された。

現地メディア韓国経済新聞によれば、今回の提携により両社は、ビットゴーが韓国法人を設立するのに伴い、デジタル資産保管(DAC)分野に共同で参入するとのことだ。

両社はまた、合弁会社の設立における共同出資の検討や、ビットゴーの保有するセキュリティ・ソリューションやDAC技術と、ハナ銀行が持つ金融サービス、セキュリティ、コンプライアンスに関する専門知識を組み合わせるなどといった協力関係を模索していくという。

ビットゴーは、米国カリフォルニア州パロアルトに本社を置く、大手暗号資産カストディ企業だ。世界各国の暗号資産取引所や機関投資家に流動性、カストディ、セキュリティ・ソリューションを提供している。

ビットゴーは8月、非公開の新規投資家らから1億ドル(約146.3億円)の資金調達を実施したことが報じられていた。この際のビットゴーの評価額は17億5000万ドル(約2,561.8億円)であった。

関連ニュース

参考:韓国経済新聞
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jittawit.21

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored