カストディ大手BitGoが約146億円の資金調達を実施=報道

評価額は約2561億円

暗号資産(仮想通貨)やデジタル資産のカストディ企業ビットゴー(BitGo)が1億ドル(約146.3億円)の資金調達を実施したと、ブルームバーグが8月16日報じた。

報道によれば、ビットゴーの評価額は17億5000万ドル(約2,561.8億円)で、今回の資金調達はすべて新規投資家から受けたという。

具体的な会社名などは明かされていないが、出資者は米国とアジアを中心に活動しており、中には暗号資産業界外の参加者もいたという。

ビットゴー(BitGo)について

ビットゴーは、米国カリフォルニア州パロアルトに本社を置く、大手暗号資産カストディ企業だ。世界各国の暗号資産取引所や機関投資家に流動性、カストディ、セキュリティ・ソリューションを提供している。

なおビットゴーは、NFTのホットウォレットのカストディサービスを提供することを昨年6月に発表している。それによりユーザーはオープンシー(OpenSea)やルックスレアー(Looks Rare)、アートブロックス(ArtBlocks)、ジェム(Gem)、ラリブル(Rarible)などといった、様々なNFTマーケットプレイスとのやり取りが可能となった。

ビットゴーは今年6月、米暗号資産カストディ企業のプライムトラスト(Prime Trust)の買収を中止すると発表していた。

プライムトラストは同月、財務状況が悪化しているとして業務停命令を受けていた。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資