ソラナ(SOL)のweb3スマホ「Saga」、大幅値下げ

「Saga」が値下げで約8.7万円に

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)が手掛けるweb3スマートフォン「Saga(サガ)」の価格が、1,000ドル(約14.5万円)から599ドル(約8.7万円)に引き下げられた。「Saga」販売元で、ソラナラボ子会社のソラナモバイル(Solana Mobile)が8月10日に発表している。

なお「Saga」は日本向けには販売されていない。国内から販売サイトへアクセスしても「Saga はあなたの国では利用できません。:Saga isn’t available in your country.」と表示される。

今回の値下げについてソラナモバイルは、「Sagaの価格を引き下げることは、web3のモバイル化をより広く普及させ、ソラナのモバイルコミュニティの体験を改善し続けるための次のステップです」と公式X(旧ツイッター)にて述べている。

「Saga」は、ソラナモバイルとスマホ開発企業OSOMが連携し開発したアンドロイド(Android)のスマートフォン。今年4月より予約者へ出荷を開始し、5月から一般販売を行っていた。

同スマートフォンは、暗号資産(仮想通貨)専用のハードウェアウォレットとしての機能を持ち、6.67インチの有機ELディスプレイと512GBのストレージ、指紋認証スキャナーや2つのバックカメラレンズが搭載されているという。

また「Saga」には、分散型アプリを利用可能にするためのアンドロイド用オープンソースソフトウェアツールキット「Solana Mobile Stack(SMS)」や秘密鍵をウォレット、アプリ、Android OSから分離して保管しながら取引の即時署名を容易にするカストディプロトコル「Seed Vault」などの機能が搭載されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/eskymaks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored