米CertiKが「Worldcoin」の脆弱性を報告、既に対応済み

CertiKが「Worldcoin」の脆弱性を報告

web3セキュリティー企業のサーティック(CertiK)が、暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」のシステムにて脆弱性を発見し、報告していたことを8月4日に発表した。

「ワールドコイン」は、AIチャットボットサービス「ChatGPT」などの人工知能で知られるOpenAIの創業者サム・アルトマン(Sam Altman)氏が、物理学者のアレックス・ブラニア(Alex Blania)氏と共に開発を進めるプロジェクト。「オーブ(Orb)」と呼ばれるボール状のデバイスで網膜をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコードに変換することで個人を識別する「ワールドID(World ID)」を発行する。

サーティックによると脆弱性が発見されたのは5月29日で、「オーブ」のオペレータの審査プロセスに脆弱性があったとのこと。通常「オーブ」は「ワールドコイン」による厳格な本人確認プロセスを通過した企業のみが取り扱える。

今回報告された脆弱性は、このプロセスの回避が可能になるというもので、攻撃者が検証プロセスを通過することなく「オーブ」を取り扱える可能性があったという。

なお現在同脆弱性はすでに解決されており、今後どのようにして脆弱性が発見され、解決したのかが公開される予定である。

サーティックは「ワールドコイン」の公式の監査法人ではなく、ツイッターにて「CertiKはワールドコインと無関係であり、これは標準的なホワイトハットについての開示だ」と述べている。

「ワールドコイン」はプライバシーのリスクがあるとの批判にさらされている。7月28日には、フランスのデータ保護機関(CNIL)がワールドコインのデータ収集の合法性を疑わしいとの理由で調査していることが報道されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored

【2/21話題】USDCのトロンサポート終了へ、楽天証券がセキュリティトークン市場参入など

大和証券が国内初の「全額電子マネー利払い」の証券トークン社債発行へ、楽天証券が市場参入、プログマ活用で、サークル「USDC」、トロンのネイティブサポート終了へ、英国、今後半年以内に「ステーブルコインとステーキング関連の新規制」導入目指す=報道、エドワード・スノーデン、「ビットコインは貨幣の誕生以来最も重要な通貨の進歩」と評価、チリーズ(CHZ)が韓国サッカーKリーグと提携、スポーツリーグ初のバリデータに、国内初、商業施設を投資対象にした不動産セキュリティトークンが発行完了、クオーラム基盤「ibet for Fin」で、アプトス財団、web3スマホ「JamboPhone」販売のジャンボと提携