オーストラリア証券取引委員会、FTX現地法人のライセンス取り消し

FTXオーストラリアのライセンスが取り消される

昨年破綻した大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの子会社であるFTXオーストラリア(FTX Australia)が、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)により金融ライセンスを取り消された。ASICが7月19日発表した。

発表によればASICは、7月14日よりFTXオーストラリアの保有していたオーストラリア金融サービス(AFS)ライセンスを取り消したという。

ただしライセンスは取り消されたが、FTXオーストラリアは2024年7月12日まで、顧客との既存のデリバティブを解約するための限定的な金融サービスの提供ができるとのこと。

なお今回の解約によって、FTXオーストラリアがオーストラリア金融苦情処理機構(AFCA)のメンバーであり続けること、および個人顧客に対する補償の取り決めを保持することの要件に影響を受けることはないという。

FTXの破綻した2022年11月11日には、シドニー拠点の投資顧問会社コルダメンタ(KordaMentha)のジョン・ムアワド(John Mouawad)氏、スコット・ラングドン(Scott Langdon)氏、ラーフル・ゴヤル(Rahul Goyal)氏がFTXオーストラリアとその子会社FTXエクスプレス(FTX Express)の任意管財人に選任された。

2022年11月14日、ASICはFTXオーストラリアのAFSライセンスを2023年5月15日まで停止していた。

破綻したFTXの現在

FTXは昨年11月、デジタル資産業界に激震を走らせた壮絶な破綻を受けて、米国連邦破産法第11条(チャプター11)の適用を申請。

破綻までの数日間で、FTXの顧客は数十億ドルを引き出し、同社の流動性を低下させた。またライバルの取引所バイナンス(Binance)との救済取引も決裂し、ここ数年で最も注目を集めた暗号資産の崩壊を招いた。

なおFTXの創業者であるサム・バンクマン=フリード(Samuel Benjamin Bankman-Fried)氏は、詐欺の疑いで米国政府から刑事訴訟を起こされている。

FTXは現在、ジョイント・ベンチャーなどを通じて、FTX.com取引所の再開可能性を支援することについて、投資家と話し合いを続けていることが、FTXの現CEOであるジョン・J・レイ三世(John J. Ray III)氏の話として今年6月28日報じられていた。

またFTXは再スタートの一環としてブランド名を変更する可能性が高く、特定の既存ユーザーは再編後の事業体に出資する可能性があるとも伝えられている。

関連ニュース

    参考:ASIC
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/werbeantrieb

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    髙橋知里

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
    同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
    同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

    合わせて読みたい記事

    【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

    アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

    【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

    国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

    Sponsored