イーサリアムL2「StarkNet」、アプリチェーン構築ツール「Starknet Stack」β版で提供へ

スタークウェアが「Starknet Stack」β版提供へ

「スタークネット(StarkNet)」開発元のスタークウェア(Starkware)が、アプリ独自のブロックチェーンを展開するためのツールキット「スタークネットスタック(Starknet Stack)」の開発を進めていることを7月19日発表した。

「スタークネットスタック」は、「スタークネット」の技術を活用して、特定のアプリケーションのニーズに応えるように設計するアプリ独自のブロックチェーン構築が可能となる開発者用のツールキットだ。あらゆるアプリケーションが独自の「スタークネットアップチェーン(Starknet Appchain)」をパーミッションレスで展開可能にすることを目的としているという。

「スタークネットスタック」によって構築したアプリチェーンには、開発者が独自の手数料モデルやコンセンサスメカニズム、「スタークネット」のパブリックチェーンではサポートされていない機能を自由にアプリへ実装できるとのことだ。

なお同ツールキットは、スタークウェア開発のプログラム言語「カイロ(Cairo)」が採用されているとのこと。同言語は、現在アバランチ(Avalanche/AVAX)などの複数のブロックチェーンで用いられている言語「ラスト(Rust)」に非常に似た設計となっているため、習得するために費やす時間が少なくて済むという特徴がある。

発表によると最初の「スタークネットアップチェーン」は、近日中にメインネットにてクローズドベータ版を開始する予定とのことだ。

なお「スタークネット」は、zkRollup(zkロールアップ)を活用したイーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション。zkRollupとは、暗号技術を利用した証明技術「ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)」活用のロールアップのこと。ロールアップは、元となるブロックチェーンのセキュリティなどを活用しながら、ガス代(ネットワーク手数料)やネットワークの混雑解消を図るスケーリングソリューションである。

関連ニュース

    参考:スタークウェア
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/ivanmollov・dalebor

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

    コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している